読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜市政の財政混乱!

 ☆ いよいよ来年度の予算編成が佳境に入ったようです。

⇒ ようやく「キリギリス市政」の危うさに気づかれたのかもしれません。 

1. 予算編成に見る「高浜市の財政実情」

高浜市の市税収入は、国内の経済動向の影響を受けて「1億円レベル」の税収減収にも少なからず影響を受け、大変厳しい財政運営を強いられ難局状態のようです。

平成29年度の予算編成 ⇒ 当初予算編成の流れについて

H28年度地方交付税の「不交付団体」となり約2億円の一般財源が喪失。

● 財政調整基金3億円の取り崩しが解消されていない。

● 市役所建設や高浜小学校の建設による「財政負担が重くのしかかる」と説明。

⇒ 「継続事業は一律一割削減」「費用対効果が確認出来ないものは廃止」が方針です。

  → 市は最大限の危機感をもって予算編成に臨むと宣言されています。(*今頃です)

2. ハコモノ行政の怖さ

● 一般財源の減少(2億円)や財政調整基金(3億円)を指摘されていますが、かわら美術館(1億円)や高浜分院(3億円超)の補助は不問とされるのでしょうか?

ハコモノ関係は支出し、市民には「1割削減」か「事業廃止」は理解不能です。

市役所建設は、改造(10数億円)を却下し、リース建設(33億円)を選択。

自分には甘く、人には厳しい市政としか映りません! 全く市民が犠牲の市政です。

ハコモノは億単位の財政投入となり、このままではたかはま・あぶない」のです。

3. 財政ひっ迫のなか、給与の引き上げ議会 

このような財政危機にあるにもかかわらず、12月度の定例市議会の議案は、

議員の報酬の引き上げ 

市長・副市長・教育長の給与の引き上げ

→ 「市は最大限の危機感をもって予算編成に臨む」からは遠い世界のようです。

これでは市民無視の議会、行政です。良識はいずこに?

  健全なる審議を願うばかりです。(*今回は「職員のみ対象」とされては?)

(*某都知事は、不退転の意を表すため「給与半減」を宣言。さて某地方都市の首長や議員の市財政の危機における態度表明を注視したいと思います。本質・資質が分かります)

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp