読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

読者の声  『たかはまのまちづくり』

☆ ブログに財政のことが書いてありました。

 財政のことは市民にはよくわかりませんが、高浜市は、「財政力指数」が「黒字」になったことは財政運営がうまく言っているということと思っていました。 

 しかし、生活周辺の実態をみると『勾配が悪くボウフラがわく壊れた側溝の改修』や『舗装が下がってしまったり陥没している道路』

『横断歩道や路側帯の白線が消えかかっていて危険な状態がわかっていても直さない』『高齢者が転倒する危険がある凹凸の舗装の改修』や『道路側溝の改修』『白線のライン引きを頼んでも予算がない』と市の担当部署は断っている現状が多々あります。

『議員が頼んでも有力な議員でないと直さないようです』

生活に必要な修繕(公共施設整備)をとりやめ、財政運営の健全化』をアピールすのは民間企業が粉飾決算をしているのと同じではないかと思うのは私だけでしょうか?

『議会は小学校を造ることと、生活に必要な修繕(公共施設整備)との優先順位は学校整備なのでしょうか?』

『財政力指数が1を割っても、市民生活に必要な修繕(公共施設整備)を行うべき』と思うのは私だけでしょうか?

交付金2億を財源にすれば舗装や横断歩道の修繕はできるのではないでしょうか?

市の姿勢を聞いてみたいものです。                (以上)

----------------------------☆---

高浜のまちづくりは『ハコモノ偏重!!』

● 「ハコモノ偏重」は、議員さんの悪癖です。議員実績を残したいがため、選挙対策のため、道理に合わない「ハコモノ建設」を推進されることが多々あります。

● 「某美術館」がその事例です。大半の市民は話題になると非難轟々です。この市民の「声」が聞こえないのも議員さんの悪癖です。聞きたくないのが本音かもしれません。

(*この美術館に「85億円」を投入!  道楽です!某分院には「26億円」!市財政の私物化です。議員は責任を取る必要はありません。選んだ市民の責任です。市民はいつまでも犠牲です。その意味で「投票」行動の大切さ、重要性を知りました…。)

☆ 今でも「中公解体・分院移転・高小複合化」を考えると全く合点いかないのです。

⇒ 小学校の児童が、最近(投票後)「解体反対!」と叫んでいたそうです。この後世の市民の気持ちを大切にした「まちづくり」を推進したいのです。

☆ 高浜に「ハコモノ建設」でなく「まちづくり」という発想を加えてほしいのです。

 例えば、議員さん視察の埼玉・複合小学校は、まず周辺道路を、歩道・自転車帯・車道と区分され、次に「学校建設」されたそうです。

☆ 高小の周辺は今まで通り。施設をすし詰めにしただけでは、安易なまちづくり、でなく「ハコモノ行政」の典型例です。議会の慎重審議を求めます。

もう一度、立ち上がりましょう!!  後世の市民のために!! 

 このまま「ハコモノ建設」では

  「市役所の失敗建設の繰り返し」となります。

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp