読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

新市役所の問題 - 高浜防災体制

● 新市役所は「防災拠点として災害対策本部機能を集約」とあります。言葉は立派なのですが、市内の「指定避難所」や「避難場所」は学校施設が圧倒的に多いのです。

● この学校施設を管理担当であろう「学校経営g・教育センタ-」は「いきいき広場」に分離分割と、防災体制管理上、疑問を感ずる組織割となっています。 

● 学校管理組織を分離分割しておいて、災害時だけ機能発揮なんていう芸当が本当に実現できるのでしょうか?

● また、救急医療体制を管理担当は「福祉部」と思われますが、やはり「いきいき広場」に分離分割されています。

● 更に、災害復旧ボランティアの受付や割り振りは「いきいき広場」にある「社会福祉協議会」の機能と聞きました。

⇒ 果たして、万が一の緊急災害において「学校施設」や「医療管理」「災害復旧」の各組織を「いきいき広場」に分離設置し、本部機能を集約と言えるのでしょうか? 

● 言葉でなく、真の機能発揮を頂けるのでしょうか? 疑問や不安のたねは尽きません。

この防災体制の整備構築の面からも「新市役所✕失敗」のような気がします。

 新しい狭小市役所では「防災拠点として災害対策本部機能を集約」出来ないのです。

 この誤判断の責任は「市長と市政クラブ」です。被害者は「市民」です。

 加害者は「市政」となりかねない、取り返しがつかない事態となっています。

失敗は許されないのです! 最近の市の拙速は疑問です !!

 (万が一の大震災に向けて新市役所の失敗をどのように修正するのか思案を要します)

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp