読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

読者の声 - やっぱり おかしい 商工会補助

☆読者の方からコメントを戴きましたのでご紹介します。 (*)当方追記

⇒ 商工会の補償費の件で住民監査請求いただいて違法なことが良くわかりました。

    疑問があるのですが、商工会を建設時、当時でも半分は国県や市から補助金(*合計6千万円)をもらって建てているのに、どうして建物の残存価値を基準に補償をまるまる出しているのかわかりません。

 移転補償56百万は、当時の商工会支出分の建設費をまるまる補償してもらった形になるのはおかしいと思います。(* 結局、商工会は36年経過後、建設費は黒字化)

 残存価格から国県市からの補助金割合分50%を引いた補償費25百万円ではないでしょうか? (* 市はこの補償額を判定のため外部機関に3百万円で依頼の結果とか?)

 また、移転先のエコハウスを改修してもらい引っ越すだけであるなら、5千万円丸儲けではないでしょうか?

 今後、商工会が10年以内に新築した場合の補償を5千万円?することを債務負担という形で予算担保するということもおかしいと思います。(* 市議会は建設補助を決議済み)

 聞くところによると5年以内にエコハウスの隣の駐車場に新築するとの話があるようです(確証がありません)

 なぜ移転補償費をもらっているのにまた新築補助をするのでしょうか?2重取りにならないのでしょうか?

 結局、短期間に市から1億円補助を受け国や県からも補助が出れば、建物を新築すると儲かることになります。しかし、国や県は公民館解体時に補助金を返還させて、新築時に補助金を出すことはないと思います。

 市は公民館解体時に国や県のように補助金を返還させないのでしょうか?補償費から国や県と同じ割合で差し引かなければおかしいのではないでしょうか?

 聞くところによると市の所有地に建てても新築補助をして無償借地を約束しているそうですが、本当でしょうか?

 他の土地に新築すればエコハウスの改修費も新築した時点で無駄になると思います。

そもそも建設費補助を1団体に2度も出すという制度は、どこの自治体にもないと思います。

 まさかとは思いますがエコハウスから移転するときも引っ越し補償をするのでしょうか? 引っ越すたびにお金が転がり込んでくるまさにお金を生み出す団体なんですね。

   何故、税金をこんな使い方をするのか疑問でなりません。    

                                  (以上)

---視点-------------------------☆---

● 一般的に言われるのが選挙対策で票田団体には補助提供ケースが多々あるそうです。

   そういえば商工会に間借り団体も同様ケース。今回の移転補償は、市と直接契約の無い間借り団体にも移転補償を提供。近くの民間病院への巨額補助も同様のようです。

⇒ 結局、補助先・補助額は「選挙効果の優劣」で決まるのでしようか? 血税の私物化です。更に、行政から幹部を商工会に天下りは、運営交渉を操る作戦かもしれません?

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp