読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

トーク&トーク - 高小プール問題

● 高小のプールは駐車場を確保のため「廃止」。論地町に代替施設の建設を民間委託!      (* 青少年体育センターが移転候補地。また、解体費・土地は無償提供でしようか?)

 高小の建設に合わせて、民営プールを開設できるのでしようか?不透明です。

 また、分院同様、民間業者の主張条件を全面了解して委託では財政負担の増大が懸念されます。(*高浜分院の運営条件:土地・建物無償 ⊕ 赤字補填 ⊕ 医療設備の購入補助 ⊕ 施設修理補助)

⇒ 以上を勘案すると「プール運営負担は2億円~3億円に膨らむ可能性もあります

 つまり高小建設は「53億円が56億円に!本当にメリットは誰にあるのでしょう?」

● プール問題を後回しに、まずは高小建設ありきで市は建設強行されています。

   全体構想を明らかにせず、まず「建設ありき」では危険です。また失敗です。

● 交通安全や保安管理は他人事では済みません。まずは、市長や議員さんに万が一の事故責任の確約(宣言)を取ってから、進めて頂きたいと思います。

⇒ 施設建設の推進責任者として当然の行為です。「責任は事業者では無責任です

プール移転だけでも問題山積 !!

1. プール運営について 

(1) 水泳指導者は「教員資格」が必要民間委託は「施設のみ提供」かもしれません。

  → 教師の負担は増すばかり。本当に水泳授業の「安心・安全」は疑問です。             市長や議員さんのため、先生も、児童も犠牲です。      

(2) 現在、水泳授業は「学年単位」移動は「バス・約100人乗り」って有り?

  → 市の回答は、移動は「5分」で完了。またまた嘘みたいな回答で誤魔化し?

    また、移動後の無人の学級管理は、大丈夫でしようか?                              

   (最近の世間の状況は想定外の事件、事故が多発傾向にあります)

(3) 夏休みのプール開放 ⇒ 約10日程度(他校との比較回答無し)

  → プールまでの移動距離が倍増の地域も。移動手段は保護者が送迎か?

    自転車許可?  安全管理・事故責任は、保護者任せでしょうか? 

(4) 民間運営による入場者管理 ⇒ 児童の安心・安全管理は民間任せ? 

  → 保護者として、民間施設でも入場者管理は厳格にお願いしたいものです。

  ・安全管理責任を市はどのようにお考えなのでしょう。

   防犯カメラのように「犠牲発生後では遅いのです」。予防管理が重要です。

  ・一般の外部入場者の管理、行動監視はより厳格にお願いしたいのです。   

(5) 消防水利は大丈夫? ⇒ 消火栓が有る(大地震の実態は無視の回答で残念です)

  → 本当に市民の安心・安全を熟慮された回答とは思えません。その場限りの無責任回答で残念です。市は防災責任をどのようにお考えなのでしょうか?

 

本当にプール廃止は正解でしょうか?間違えましたでは済みません!  新市役所が失敗例です。取り返しがつきません! 

☆納得できる情報や説明も無く、建設強行は、また失敗の責任を市民に押し付けることになります。もう御免です!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp