読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

施設計画の失敗 - 新市役所を見て

 ☆新市役所の建設は、どのように決まったのでしょうか? 

 中央公民館の解体も強引な判断ですが、新市役所も強引から出た失敗です。

市議会にて決定された案件ですが、市民意向を未確認のまま、独断議決による建設推進は残念な結果となりました。

 極めて横暴な市政判断です。市民の声の代表者としては欠陥対応と思われます。

 この建設責任は、市長と市政クラブを中心とする現議員と言えるでしょう。どのように市民に補償対応されるのか、しっかり監視していきたいと思います。

1. 新市役所の失敗建設 

 (1) 市民への説明責任(情報提供)の不足

  →市役所(施設)は市民の財産です。これを議会で勝手に判断議決は横暴です。

  「市民への説明責任」は、どのように展開されたのでしょうか? 

  (* 個人的な見解ですが、情報説明を受けた記憶は、まったく、ありません。)

  →市民説明会を開催とありますが着工三か月前では市民の声を反映不可能です。

  (* 形式だけの市民説明です。市民40名説明で終了は市民説明は形骸化です。)  

 (2) 財源手当ての建設方法を「リース20年・30億円」と議会決定だけで推進

  →現在、市のHP情報では、築20年までの比較です。市は今後の施設は70年が 

   寿命と規定されました。費用面も「70年比較」が必須事項と思います。

   また、議会決定だけで推進は暴政です。市民に確認合意が必要です。

         (* 市民のための市政でなく、業者さんのための市政と感ずることもあります?) 

   (3) 市役所の組織を二分割し、いきいき広場に移転推進 

   →市民は、いきいき広場に「分割組織の一体化」を待ち望んでいました。 

   しかし、市は30億円を掛けて、床面積は現庁舎の「半分」の狭小庁舎を建設。

   止む無く、市役所組織を二分割に分離・分散化したのが、そもそもの間違いです。

 (* 現市庁舎を耐震化すれば「15億円程度」で一体化庁舎が出来たのに残念です) 

 (* いきいき広場→福祉部+「文化スポーツ・こども育成・教育/学校経営」を移転)

 (* 組織や機能でなく「建設」を優先した市政は短絡的な判断で、また失敗です)

  ⇒ まちづくり百年の大計」を忘れられた施設建設は

  高浜にとっても、市民にとっても大損の失政です!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp