読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

新市役所は建ったけど…

1.新市役所は建ったけど組織は分離分割なんです?

f:id:t2521:20161123112644j:plain ⇒ 新市役所は、現市役所の後方の建物です。

「こども未来部」「教育委員会」は三高駅前の「いきいき広場」に移転なんです。

  <広報たかはま 12.1号P.5に案内されています(下記資料)> 

f:id:t2521:20161215161349j:plain

2.新市役所の建設計画の矛盾

(1) 新市役所「リース20年・建築費30億円」を要して狭小施設を新築のメリットは?

 ● なぜ、市役所の組織を分離・分割されたのでしょうか? 

 ● 分離・分割で、市民はどのような「メリット」を享受できるのでしょうか?

改めて市の建設計画等を拝見しましたが説明記述を見つけることは出来ません。 

 ● 常識的には「分離・分割」は不便、非効率です。施設の維持管理費も倍増します。

 ● 広報には「防災拠点として本部機能を集約」とありますが集約とは「一つにまとめる こと」かと思います。どこが集約なのでしようか? 分離・分割です。

これでは防災拠点機能として極めて効率の悪い運営状態となることは明白です。

(2) 目的が「建設」ありき。 市役所の「機能発揮の効率化」は二の次?

● 施設のあり方で、市は、施設寿命を長期化。今後は70年と宣言されました。 

⇒ 現市役所は、築39年。建替えの要因として空調更新が必要とありますが、まだ、世の中に寿命70年の空調設備はありません。ということは空調寿命に合わせて建替え更新されるのでしょうか。まったく建替えありきの口実としか考えられません。

コンパクトシティ高浜の市組織を分離・分割は、非効率です。血税の浪費です。

市民生活も不便です。市政クラブ議員は方向修正の提言をされないのでしようか?

(3) 高浜の私物化は許されません!

● はっきり申し上げて、新市役所は市民の期待はずれです。失敗施設と言えます。

   市長任期に合わせて実績づくりのため、建設を急がれた結果「30億円」をドブにすてるような事態となったことは残念です。取り返しのつかない失政と言えます。

   (* 市民のためでなく、ご自分の選挙対策のための市役所建設は、血税の私物化です)

● この暴走を支持する市政クラブ議員の見識も疑います。「悪さ」はどちらでしょうか? 

市政は機能停滞しています!大改革が必要な事態です!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp