読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

新市役所の分離・分割建設は もったいない

高浜市は、昨秋、「公共施設のあり方」につき市民説明会を実施され、市民意見を、アンケート方式にて回収されました。その一部をご紹介します。

◇  アンケート設問 

Q. 「今後、高浜市では公共施設の複合化や集約化を図り、「学校」を地域コミ ュニ  ティの拠点とした、新たなまちづくりを進めていきたいと考えています。

       そのことに対してあなたはどう思いますか?」

A. 「 学校施設への複合化や集約化を図るべき 」⇒ [ 69% ]

総論ですが、説明会に参加の市民回答は ほぼ賛成です!

     (回答数 : 参加者593名(計5学区) → 回収317名。217名が賛成 <高浜市民0.5%> )   

⇒ 説明会に参加市民の約7割が、公共施設の「複合・集約」に賛成を示しました。

    しかし、なぜか「市役所は分離・分割」です。

 「学校」と「市役所」は違うとの声が聞こえそうですが、ご説明頂きたいのです。

 「市役所」は公共施設ではないのでしようか?

説明責任は、議会や行政の責務と思います。

☆特に、市民の意向に反した方法で市政(建設方式)を進める場合は、更に説明了解を取りつけるべきではないでしようか?

独断で決定推進は「独裁市政」です。 

☆民主政治では「財源30億円を市民に無断利用」となるのではないでしようか?

新市役所」は もったいない血税の使い方です。

残念でなりません。責任は誰に? ⇒「議会賛同者の責任です」

市民は、いつまで我慢すれば良いのでしよう!

    そろそろ市民行動の開始時期かもしれません!!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp