読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

住民自治活動 - この一年を振り返って 2

2.中央公民館の取り壊しの不可解 

☆不思議なもので「継続は力なり」でしようか?  実態が見えてきた事があります。

f:id:t2521:20161122105838j:plain ← <中公だけ解体早期化の不可解??> 

⇒ 当初、てっきり中公解体を早期化は「豊田会」のためと理解していました。ところが、真実は「中公に同居の『商工会に移転補償を出すために解体を早期化」だったのです。つまり、解体は「豊田会」、早期化は「商工会」のためと判明したのです。

⇒ 当初の計画通り進めば、「商工会」の退去期限は「H29年3月31日」。あと三か月で、商工会は自ら中公を立ち退き、中公の商工会分を自費解体し移転先も自費手当てするという全額負担の事態でした。この回避方法が「解体早期化」だったのです!

解体早期化により商工会に「①移転補償60百万円、②移転先(エコハウス)改修15百万円、今後、新商工会館の建設補助50百万円」と「1億円超」を、6月に議決です。これで商工会は36年間の家賃がタダになったのです。更に、青年会議所やライオンズに違法の転貸しで利益を得ていたので「黒字」です。すごい仕掛けです。更に、議会は「転貸し先の団体にまで「移転補償」として血税提供を決定です」。

⇒ この仕掛けは、行政と商工会との共同作業(共謀)が必要です。これぞ「悪さ」です。

  (* 今年4月、市の施設担当の行政G幹部が商工会に再就職されました。弊会は「天下り」と指摘しています)

● この事態は市政として不適切です。しかし、恐らく移転先のエコハウスでも同条件を継続でしょう。あるいは、法的な抵触を免れる方法を模索され提供継続方法を検討されていると思われます。どこまでいっても「補助提供ありき」なのです。 

 (* ご参考 : 商工会の運営補助 - 毎年 県:28百万円。市:15百万円を別途実施しています)

● 更に、中公解体の工事費は商工会分まで血税負担です。市民だけが犠牲の解体です。

● 市は「早く壊したほうが安い」と説明し、実態は商工会に「巨額の補助提供」です。

⇒「中公を解体早期化」は「商工会に巨額の補助を血税提供の口実」だったのです。 結局、本来、必要のない移転補償等を約1億円も提供。市政クはこれは不問のようです?

☆ このように「市民を犠牲」に「市民を騙してまで」の市政運営が平然と推進されているのが実態と分かりました。民間病院や民間団体のため、年間延べ 7万人も利用していた公共施設を強行閉鎖し解体とは、暴力・虐待以外のなにものでもありません。

●「市民いじめ」を当然のように推進し、選挙対策のため組織票を持つ団体補助を優先されているのです。実に嘆かわしい事態であろうことを解明出来たと思っています。

⇒ 公共施設は市民の財産です。この施設がまだ利用できるにもかかわらず、誤魔化しの説明のままで、議会単独による解体判断は、市民に対する「暴力」と言えます。横暴な市政です。市役所も同様の事態です。「もったないない」血税の浪費です。

☆ 少なくとも、市民のための市政・施策ではないことは確実です。議会承認を得ていると主張は、市政ク議員も同調して「高浜市政の独裁運営」を持続と言えます。この実態を確認出来た事は、市民運動の成果と思っています。

☆ 現在、中央公民館の取り壊しは「保留」の状態です。これは弊会の「住民監査請求」により、解体工事を着手出来ない事態となっていると思います。理由を説明します。

(2) 商工会の転貸し違反疑惑

☆ 商工会は中公の西側に隣接の建物です。当初、県・市合わせて60百万円を補助。1億数千万円で入手されたそうです。しかし、土地は市有地なのです。

● 土地は「使用許可」にて市が貸出し。この条件として「転貸し禁止」を明記していました。地方自治法を遵守の条件です。が、実態は「青年会議所・ライオンズ等々」に有償で転貸しされていましたこの事実を、市は把握していたのに改善指導されず黙認されていたのです。 (* これを地方自治法に違反として監査請求中! - 回答は1月上旬?)

● 更に、前述のように、市は、この転貸し団体にも「移転補償」を議決しています

(* 法律違反の転貸し先の団体にまで移転補償というありえない補助議決です。議会審議の甘さの結果です)

このように今の高浜市議会は追認機能のみで、修正機能を喪失しています。

☆ これを修復するには「市民の監視」を高めるしかないのです。市民しか出来ないことなのです。市政にご関心を持って頂きたいと思います。後世の市民のために!!                                                                                                                                                           (つづく)

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp