読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

住民自治活動 - 振り返って 5 施設300億円事業計画

☆ようやく本来の大問題である「公共施設計画-300億円事業」にたどり着きました。  本当に高浜市の施設計画は問題が多すぎです。

◇ 市は、高浜市の各学区毎に学校を中心とする施設複合化計画として「300億円事業」を立案。高小を皮切に開始されようとしていることをご存知でしようか?

● 初めて知ったのは、昨冬、実施された「公共施設説明会」で資料配布されたのです。この資料の説明はありません。資料配布だけです。これで市は説明したと判断です。

◇ この資料の一覧表です。(* 最新の16年度版(一覧表)は市民には配布されません)

f:id:t2521:20161124193950j:plain

⇒ 最上段に、高浜小学校の複合化計画が記載されています。当時は合計37億円計画。一か月後53億円に増額され、つい、昨日(?)、44億円にて業者決定と報道されました。

  (* ちなみに埼玉・複合小学校の建設費は23億円。高浜は「べらぼう」な高額建設!)

よって総合計278億円は比例計算で、330億円事業となる可能性もある大事業計画です。

この情報は市民に知らせるべき、知るべき重要な情報です。あなたはご存知ですか?

⇒ * 各学区毎の個別の計画は高浜市HP「公共施設マネジメント」に掲載。

  * 高浜市HP → 公共施設のあり方検討について  「○公共施設推進プラン」

☆ この計画の問題点は、各学校施設の建設方法として「大規模改修」を実施して、約15年後に「建替え」という計画。本当に血税利用の低減努力も工夫も無い計画です

☆財源的に「改修合計-82億円~98億円」「建替え-120億円~140億円」を費やす計画。

つまり、改修後毎年5億円超を廃棄する計画。これも「建設会社が喜ぶ計画」です。

☆市民のため、児童のためでなく、建設会社にご奉仕する計画となっています。

    負債責任は、後世の市民です。まったく「もったいない」計画なのです。

このような大事業計画を少数の市民に資料配布だけ。

● 恐らく、市は、これで説明責任を果たした。

   知らない市民が悪い。説明会に来ない市民が悪い。

● 市のHPにも情報公開している。見ない市民が悪い。

と主張されるでしよう。

計画は議会承認されたと強引に推進が常套手段です!

● この拙速さはお役所の進め方として不適切です。

これでは、たかはま・あぶない! 後世の市民が犠牲です!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp