読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

市民の声 - 「アンケート・システム」のすゝめ

☆ 今回の公共施設計画を問題として活動し分かったことがあります。

⇒ それは、市政運営につき、市長と議会、そして行政側で一方的に進められている。

  結果、市民の思いや意志がまったく反映されていない事でした。 

● 「中央公民館の取り壊し」「新庁舎の建替え」「高浜分院への巨額補助」等々、これらが正解かというと、どうも失敗と思われます。 

● 高浜小学校の複合化も、問題山積です。施設の仕様に市民の声を反映はありません。

  (* 例えば、豊田会に経営移譲し、7年間の短期に26億円を補助。費用対効果上、市民メリットは疑問です。    ⇒ * 血税 26億円は小学校 1校建設相当。図書館 4棟。公民館 7棟を建設可能。もったいない使い方です!)    

 (  新庁舎は「いきいき広場」と組織分離。市民は不便です。二カ所訪問が増加します! 維持管理費も倍増)

⇒ その責任は、誰が負うかと言うと「市民と後世の市民です」。この責任者の意見を、十分に把握、確認されず強行されていることは無責任な施政運営が横行となります。

● 議員さんは「いろんな人の意見を聞いた」と言われますが定量的なデータはありません。あくまで感覚的な主観的判断しかないのです。無責任な対応です。

☆ 今回、高浜初の住民投票が行われました。しかし、条例規定により開票されずお蔵入りとなりました。血税をムダ(約1千万円)にして、市長や議員さんは当然の顔です。   

● 折角の市民の声を、今の市政、議会は聴く気がありません。これでは腐敗が進むだけ!

☆これは「抜本的な改革が必要です」。民主制の市政運営のため絶対必要な課題です。

⇒ 幸いにも、世は「ICT化」が劇的に進化し普及もしています。

☆提案 :  『「ICT」利用による市民アンケート制度』の構築

☆市政の様々な課題につき、市民意向を確認のため「アンケート調査システム」の構築を提案します。

・「ICT」利用により、24時間、いつでも、だれでも、市政意見をインプットが可能。

  (* 学区別・年齢別・性別等、様々な市民意見を集約できるようになります)

・なにより、経費が少額で済むことが利点です。

・定量的なデータとなります。

・即時的、適時的に「市民の声を確認できます」。

・個人特定が必要な場合は「マイナンバー」も利用出来ます。

・市民に、高浜「ICT」との接点、接触が増加します。(市政に関心が高まります)

⇒ 問題は、市政施策への反映方法が最も重要な課題となりますが、実際の経験や実績を積み重ねて検証しつつ、ノウハウを構築すれば良いと考えます。

☆ このようなシステムがあれば、住民投票のような「大騒ぎ」は無かったと思います。

市政・行政へのお願い

「市民アンケート・システム」の構築をご提案します。

* よろしければ、皆さんも市にご意見、ご提案ください。行動が市を変えます!  

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp