読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

市庁舎の解体問題 - アスベスト問題?

☆今回の記事も、かすかな記憶と、推測、憶測によるコメントです。すいません。

 ● 過日(今秋)、新聞報道に、現高浜市役所の屋上に「アスベスト」利用の施設があり、この撤去工事予算の追加を別途、議会審議との記事がありました。 

⇒ しかし、不可解なお話なんです。  

・聞くところでは、庁舎解体費は、新庁舎の建設費(30億円)に含まれているはず。

・当然、工事見積には、すべての解体費用が計上されているのが建設業界の通例です。

・今更、追加工事見積とは「プロ意識に欠けた会社」です。

⇒ しかし、これを素直に受ける市の対応も不可解です?

・常識的には契約後であり予算追加は断れます。

・あえて追加了解するとは、断れない関係が構築されているのかもしれません。

    (* ある方は「癒着関係が見え見え」と言われてました) 

☆ この「アスベスト」は健康被害もあるため厳重な工事管理を必要とするそうです。

     (* アススト疾患(中皮腫、肺がん、石綿肺、石綿胸膜炎・良性石綿胸水、びまん性胸膜肥厚など)

 (* アスベストは設備配管や壁等の断熱材として多用されていた時代がありました)

----------------------------☆---

☆ ネット検索してみると「新庁舎の住民説明会で、このアスベスト問題を指摘された方の存在を伺い知ることができました。」

---住民説明会----------------------☆---

⇒ 高浜市役所本庁舎整備事業・住民説明会での質問及び回答

● 日 時 平成27年 7月31 日(金). 午後7時~午後8時30分.

   会 場 市役所4階第 2 会議室. 参加者 44名. (市民) 

---市民の指摘---------------------☆---

☆ 電波障害や、この建物を解体する場合の「アスベスト等の問題」について事前

 の調査を 実施して頂いて. 市に報告して頂く様にしてほしい

☆事業所が庁舎といきいき広場の2つ に分かれるという事で、市民が混乱しないように。ワンストッ. プで行える ...

☆建物が出来上がったら誰の物になるのか? (* リース物件の所有権?)  

アスベスト問題」は 1年以上前に、市民の方が明確に指摘されていたようです。 (* 工事業者が説明担当だったようです)

● 工事業者や市、議会は、これを無視されて、1年後に、工事予算の追加を検討したようです。

☆住民説明は形骸化! 実施実績だけを重視する市政態度! 

   ☆血税の浪費体制は、まだまだ続きます!

高浜市政を変えなければなりません!  

  後世の市民が犠牲です!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp