読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・高浜の公共施設は、病院(高浜分院)・市役所・公民館・ 美術館・学校と様々な施設があります。 どれも主に巨額の税金で建てられています。 今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため 公共施設である「中央公民館」を税金で解体し、 また病院建設のため、税金20億円を投入の予定です。 まつたく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「住民投票」という方法で決めたいのです。

夜警に思う - 新潟・糸魚川大火

* 今年最後のブログかと思います。素人の書き込みをお読み頂きありがとうございました。思えば5月下旬から恐る恐る開始して、よく続いたものです。

☆ さて、12月28日、高浜市内の各消防団では「夜警」がありました。

この夜警には、市長をはじめ、知事・議員・防災関係者・町内会役員等々、各学区の消防団を激励と意識向上を図るものかと思います。

☆ そういえば、今年は熊本地震も大災害でしたが、年末を迎えた時に、新潟・糸魚川市・中心市街地の大火災は、大地震と同じようなショックを感じました。

● あの込み入った町並みは、高浜や吉浜の旧市街地と余りにも良く似ているため、より身近な問題として飛び込んできたような気がします。

   (* 糸魚川市 人口 - 45 千人、18 千世帯。ほぼ高浜市と同等規模)

☆ 果たして、高浜や吉浜だったら、あの延焼をどのように喰い止められるのか?

・喰い止める消防体制はあるのか? 

・防火用水は大丈夫か?  

・道路は消防車が通行できる広さがあるのか? 

・広域消防体制の連携は大丈夫か? 

⇒ 様々な不安要素が頭をよぎります

   (* 高浜市の消防予算は県下でも下位ランクのため心配です)

   (* 消防団は、万が一の場合は「命」を張って町を護る活動に参加されます。更に「支援強化」すべきではないでしょうか?  また、福祉施設の消防設備体制の強化も重要課題と思います。施設建設の投資に集中は危険です!)

---糸魚川大火の例-------------------------☆--- 

① 避 難 363世帯、744人。全焼144棟。⇒ 相当、広い避難所や仮設住宅が必要です。

② 消 防    消防隊 - 43隊、消防団 - 50隊、消防車 - 126台 ⇒ 組織運営が大変です。 

③ 消防人員は、計約1,000人とか、高浜市は集められますか? 運営出来ますか?

まずは一度、高浜市(都市防災・広域連合)で「シミュレーション」戴いて、このように動きますから大丈夫と太鼓判の説明を戴く機会を設定頂けると安心できます。

明日は我が身と思い、まずは「消火器」を更に身近な場所に移設しました。

 (* 街角のあちこちに「消火器の常設化」も一案かもしれません) 

 『被災された糸魚川市民の方には、お見舞い申し上げます。』

       (* 義援金受付中!)   ⇒  翠の交流都市 /糸魚川市    

---参考引用-------------------------☆--- ⇒ 糸魚川市大規模火災 - Wikipedia

2016年12月22日10時20分頃、新潟県糸魚川市大町1-2-7のラーメン店にて、鍋の空焚きによって火災が発生した。 

焼損した一帯は、市街地中心部の糸魚川駅から北側に位置している。主に昭和初期に建造された雁木造の商店街や木造住宅の密集地域であったことに加えて、『焼山おろし』『じもん風』等と呼ばれる強い南風により北の日本海方向に延焼した。

当初、糸魚川市消防本部から12隊(消火隊9・救急隊等3)が出動した。しかし、火勢の拡大から近隣の地方公共団体へ応援を要請、県外を含む31隊(消火隊25・他6)など43隊が投入され、地元の糸魚川市消防団も50隊が活動を行なった。

 (*人口規模は同程度。消防体制は圧倒的に糸魚川市が充実のようです。消防職員 90名!)

---御礼-------------------------☆---

 長々、お読み頂き、誠にありがとうございました。来年も同様に続ける予定です。

 後世の高浜のために! 

では「よいお年をお迎えください。お屠蘇を飲み過ぎないように?」(私は飲みますけど…?!)

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp