読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜市政の改革を考える!

☆ 人生60年、国政は無論、市政ですら無関心に近い一市民でした。政治は議員さんのお仕事で、お任せしておけば、間違い無いと思っていました。

☆ しかし、この一年間「中央公民館の取り壊し」を始めとする高浜市の公共施設計画を、知れば知るほど、まったく賛同も、納得も、出来ない異常な事態と知りました。

☆ 信じ切ってお任せ状態の結果、「 独断的、私物化同然の市政運営」と分かり、失望し、同時に危機感も覚えたのです。このままでは「たかはま・あぶない」と…。

---施設計画の失政例---------☆---

● 「かわら美術館」- 運営破たんし民間会社に丸投げ委託中。総合計80億円超を投入

●「市立病院」- 経営破たんさせ「豊田会」に丸投げ。経営移譲 7年 - 26億円を補助

 市民説明では、移譲の数か月前「1年だけ数億円の赤字負担を認めてほしい」と説明し、現在の補助は市が独断で「協定」締結。現在地で建替条件に20億円の提供を約す。

 (* このまま協定継続では、民間の高浜分院に約60億円を補助提供となるようです)

● 分院の建替え先に「中央公民館」を選定。築36年、唯一のホール解体は強引です。

  (* 住民投票の反対1万票を無視 <新聞社の出口調査 反対≒70%?> 暴政とも言える市政と思われます?)

● 中公に隣接の商工会に移転補償のため、中公解体を4年早期化。1.2億円提供を議決!

    (* 商工会は36年間の家賃はタダ!   更に、新館建設時は約6千万円の補助付です! )  

●「市役所」- 着工3か月前に市民説明会を実施。リース20年建設。21年目に解体か?

    (* 旧市役所を耐震改造すれば10億円。建替え15億円 ⇒ 「リース28億円で建替え!」       更に、市役所の二分割化を推進。市民や利用者、職員の移動を増加は非効率! )

    (* 中公も市役所も市民財産です。この解体・建替えは「市民に問うべき案件」です。

  建設決定の方法が、行政、議会だけで決定は「横暴」ではないでしょうか? )

● 高浜小を複合化しPFI方式にて建設。「支払い均等払い」と説明し実態は3分割払い

   (*「高小等整備事業仮契約書」◇H31年 - 2,311 (百万円)H32年 - 1,307  H33 - 54  ◇合計3,672(百万円) 

   * PFI効果が不明なまま、一社応札で計画推進。市民説明は1月、高小PTA限定!? )

これら市政運営の結果です。実に「市民無視の独断の市政運営」と思います !

---市民の市政への対応-----------☆---

● 市民が市政に無関心の結果、市政が強引になったのか、それとも市政が弱体だから、 市民の目が市政に向かなくなったのか。議員さんが説明責任を果たされないからかも。

● かつて「ノンポリノンポリティカル、非政治的)」の言葉が良く使われていた時代が有りましたが、今は「無関心」という時代のような気がします。

⇒ しかし、この結果、高浜市に限らず地方自治が歪んでしまったような気もします。

 ☆ 今回の施設建設計画を問題として活動の成果は「後世の市民のために、市政を、もっと意識して、関心をもって見るべきだ」と自覚させてくれた事と認識しています。

 ---今後の高浜市政のあり方--☆---

● 議会改革が必要と考えます。本来の機能である「議案の提案や監視、審議に注力

市政・行政の情報公開の推進     (* 市政運営の情報発信を積極化)

市民の声を聴くネット網の構築    (* 市民要望・意見情報の収集の即時化)

市政報告会」の頻度増加    (* 説明責任の機会設定)

⇒「高浜市民のための市政運営」を基本とする民主的な市政をめざして戴きたい ! 

---松陰・名言----------------------☆--- 

 ♠  思想を維持する精神は、狂気でなければならない。

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp