読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

他市の施設計画 - 安城・中央図書館から

1.20 - 中日新聞・西三河版・p.16から参考引用 

「☆安城市」と「●高浜市」を比較検討してみます。

安城市は「中心市街地の拠点施設 (アンフォーレ)」に「図書情報館を4月開館」。

  (● 高浜⇒ 「市の中心」に民間病院を移設予定!  これが「まちづくり」でしょうか?)

⇒「まちづくり」の方法は「市の中心に『公共施設を縮充する』ことが適切」です!

図書館は1月31日に閉館。開館まで「3カ月」は他の公民館が対応。

  (● 高浜⇒ 中公閉館後、4年間も会場手当ては「市民任せ」。ホールは対応無し<市民はガマン>の無計画? )

---安城・新しい図書報館の概要-----☆---

☆ 蔵書の保管場所 十万冊 増冊 

☆ 閲覧席     320席  →  878席

 (● 高浜⇒ 市役所を狭小化。理由は「将来、ICT化にてスペース不要!」に? 時期不明? )

 (* 実態は、市役所は狭小化と説明し、「いきいき広場」に三部署を移転で拡大です。矛盾の説明です! ) 

図書館(築32年) "「改 修」" →「子ども発達支援センター」に! (*今後30年利用継続)

   (● 高浜中公(築36年)解体」。高浜市のホールは「高小・体育館」。碧海五市

 で「高浜だけ」です。子どもが犠牲です! 「もったいない」税金の使い方です!) 

---高浜の「まちづくり」-------☆---

高浜市は、市の中心に民間病院を移設し20億円を補助!  不可解なまちづくりです!! 

 「解体」は「豊田会」のため。「早期化」は「商工会」のため。市民は「犠牲」です!

   <* なぜ、こんなに乱暴な市政なのか想像してみました。すべて「選挙」のためでは?>

  <*想像ですが「票田優先」と考えれば筋書きが分かります。これは「暴政」では?> 

 < 絶対秘密ですよ!  こんな暴政は大きい声で言えませんから!! > 

* 商工会の退去期限は「29年3月31日」。これを経過すれば、商工会は「自費移転、自費解体」が発生でした。これを回避する方法が「早期解体!」。このため、6月議会で「移転補償が議決」され、「商工会」に、  なんと「1.2億円補償」が議決されました。うまく考えられた構図です。市議会も大賛成されたようです? 

中央公民館は「早く壊したほうが安い」の説明は、真っ赤なウソでした! 

 (*中公を解体早期化効果-約8千万円。この考え方を無理やり展開すれば、新市役所は、20年間で14億円。

 高小も15億円程度、リースや、PFI 建設をしなければ不要です。まったく論外の説明ではないでしょうか?)  

 ♠ 矛盾の説明が、ほころび、真実を生み出した結果です」これを黙認は出来ません!! 我慢も限界です!!

---施設寿命 (コンクリート寿命) ---☆---  

☆ 活動開始以来、建設関係の文献や建築士の方に「建物寿命」につき確認しました。

    36年寿命を主張の情報はゼロ。⇒ 60年以上「 100年」と言われる事もありました

 市も施設管理基準の寿命を「60年」から「70年」に延長⇒*中公は「36年解体?!!」

    (* 旧庁舎は耐震診断820万円も無駄に! 築38年で解体。更に落胆は「新市役所を見学された青年曰く『仮庁舎ですか?』。彼の眼には 「旧庁舎のほうが立派に見えたそう」⇒「もったいない」血税の無駄使いです!)

高浜は矛盾の「市政」です。市民無視の「暴政」ではないでしようか?  残念です。    

---夢の公共施設づくり---------☆---   [ 市民のまちづくりアイデア ] 

   (* 思い付きの施設計画をご案内させて頂きます)

中央公民館の位置(高浜の中心)に、公共施設「市役所・図書館・ホール」を集約!  

  □ 街の中心ですから、市民の移動は、ほぼ「均等な距離」となります

  □ 防災無線通信も「市内全域」に正確な情報を確実に届けることが出来ます。* 

     □ 市役所へのご用件は「完全ワンストップ」で済ますことが出来ます。  

     □ いきいき広場は、「商工会・ライオンズ・JC他、市民団体に貸出します」

  □ この建設基金は、長期的に積立て、後世の市民の財政負担を軽減化します。

このようなことを市民参画し議会討議したいものです!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp