読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・高浜の公共施設は、病院(高浜分院)・市役所・公民館・ 美術館・学校と様々な施設があります。 どれも主に巨額の税金で建てられています。 今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため 公共施設である「中央公民館」を税金で解体し、 また病院建設のため、税金20億円を投入の予定です。 まつたく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「住民投票」という方法で決めたいのです。

「住民自治」による 施設計画のあり方 (ご提案)

☆ 愛知県の最小の市に相当する、コンパクトシティ「高浜」にも、ようやく「民主主義」の芽生えを実感しています。

☆ まだまだ、古風な村社会的な意識の存在が多々見受けられますが、民主主義の胎動として「中央公民館の解体反対」や「ボートピア建設反対」の市民運動の顕在化が、この意識動向の変化を表している証拠でもあります。

☆市民が目覚めつつあるのです。目覚めた市民が増加しつつあるとも言えます。

その結果、従来の「お役人様」「議員様」に全幅の信頼を置く「お任せ市政」が、市民の価値観において納得出来ない案件には明確に「NO!」を発信する時代が到来しているのではないでしょうか? 

高浜市民にも、意識変革が拡がりつつある時の流れが来ていると思います。

☆市民が様々な情報を収集することが容易となり、「真実」を知り、市政の運営動向につき、市民意志と異なる事態や、納得できかねる場合、理想の「まちづくり」に反する市政に対し、その意志を明確に訴え、立ち上がる時代が到来していると考えられます。

⇒ 市民の意識変化、加えて、進化の現象と思います。これが時流とも言えます。よって

☆ 市政に対し「反対運動」や「住民監査請求」「訴訟」が増加していくと思われます。

     (*これは高浜に限らず、近隣地域<半田・小牧・新城・各務原>でも同様のようです)

市民意識が『高浜市自治基本条例』に合致」の時代に突入しつつつあるようです。

     (* 同条例は「まちづくりは『市民と行政と議会』の三者で推進」と制定しています)

---市政のあり方-------☆---

この新しい民主主義の潮流に対し、市政は、どのようにあるべきか?

☆「市民との対話」が、より重要に!  時間をかけた相互理解を求める態度が必要です。

☆「議会通過を優先」による強引な採決の市政運営は、過去の政治手法となります。

☆「市民参画による市政運営」が「これからの市政のあり方」に変わるべきです! 

---施設政策の例-------☆---

☆明らかに市民意志は「中央公民館は『解体反対』」。これに修正する度量を求めます!

* 弊会活動の活動課題とは離れますが…、

☆「ボートピア建設」では地元町内会の強引な手法による「同意議決」は問題です。 

 結果、町内の住民投票のやり直しや、町内会役員を相手に提訴のうわさもあります?

☆「高小建設」の保護者説明会(30分・質疑無し)は、市民の意向無視の市政強行です! 

---提案--------------------☆--- 

市民意識も進化しています。市政に変革を求めます!  

高浜市を「市民主体の街」として頂くことが、

    次代の「まちづくり」と確信します! 

 (* 今の市政は、独断的、独裁的な市政運営で好ましいものではありません。禍根、遺恨が残ります)

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp