読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

市政の是正 - 商工会への公金支出に司法判断を求める!  

高浜市の市政運営、特に「商工会」への補助・補償につき司法判断を求め提訴!

---Ⅰ.公金支出の不可解-----☆--- (* 高浜市商工会館は中央公民館内にあります)

高浜市は商工会に、中公解体を理由に「移転補償や移転先の改修費」を市負担化?!

市は、商工会の負担を避け「移転補償-5588万円」「移転先改修-1199万円」を計上?!

1. 平成28年度一般会計補正予算に「経営近代化支援事業(高浜市商工会等物件移転補償費)」として5588万円(商工会5271万円、ライオンズクラブ61万円、青年会議所206万円、コンクリート製品協同組合50万円)

2. 更に「エコハウス・商工会移転改修工事費」として1199万円を計上。

高浜市議会は「物件移転補償費」と「移転改修工事費の補正予算」を可決!

 中公は老朽化で解体と市民説明し、商工会館は建物価値があると、移転に高額補償?!

---Ⅱ.住民監査請求の判定-------☆---  

高浜市監査委員は、平成29年1月6日、「請求に理由がない」と却下!

1. 弊会は、高浜市監査委員が高浜市長に対し、高浜市商工会等物件移転補償費及び移転改修工事費の執行等をしない措置を講ずるよう勧告することを求めました。が、高浜市監査委員からは、平成29年1月6日、「請求に理由がない」との通知を受けました。

弊会はこれを不服とし「公金の支出の差し止め」を求め「住民訴訟」を決めました

---Ⅲ.商工会の実態-----------------☆--- (* 高浜市商工会館の施設利用の実態)

1. 高浜市は、湯山町市有地を「商工会」に使用許可を発行。土地242㎡・月額12千円。

  (* 許可の期限:H29年3月31日まで。料金:50円/㎡。条件:転貸ししないこと)

 ⇒ (*3月を待てば、商工会は、自費移転。自費解体。中公解体を早期化し、議会は高額補償を議決し逆転?!)

2. 商工会館は、昭和55年10月。高浜市から1億1千万円で取得。(県と市から補助付)

3. 商工会は、下記の団体と「賃貸契約」を結び「転貸し」。(賃貸開始時期は不明)

 ① ライオンズクラブ: 平成25年11月~。部屋31㎡。月額3万円。期間3年間。

 ② 青年会議所: 平成25年11月~。部屋34㎡。月額3万円。期間3年間。

 ③ コンクリート組合:平成24年7月~。部屋36㎡。月額3.2万円。期間3年間。

(*団体①②③は、昨年で賃貸期限切れ。市は移転補償のため、中公解体を早期化し6月補償議決!)

4. 同会移転先のエコハウスの改修費1.2千万円と新館建設補助5.6千万円補助を議決。

● 市民には冷徹な市が、なぜ商工会には、至れり尽くせりなのか、不可解です?!

---Ⅳ.提訴の理由------------☆--- (* 公金支出の違法な点 - 弁護士さんのご判断です)

1.公共施設の老朽解体は取得時の承諾事項。強制収用では無い。これに移転補償は違法!

2. 商工会館の残存価値を同会会計帳簿価格約4千万円を根拠確認無く、補償額と認めた!

  ⇒ (*「中央公民館は老朽化。早く壊した方が安い?」「商工会館は残存価値有り。補償する」は矛盾です」)

3.移転補償額4.4千万円は過大。家賃年15万円で低額×36年間 ⊕ 移転補償 ⇒ 過剰補償!

 ⇒ (*この補償により、商工会は36年間の家賃が無償に。余りにも過剰な移転補償(血税)は、ムダな使途です ) 

4. 商工会が受けた国の補助金(約7百万円)の返還も、市が負担は補償の「重複負担!」

5. 行政財産を撤回時、目的外使用(商工会館)に補償金を支払うことは違法!

6. 商工会と賃貸契約の3団体につき、市が移転補償は違法! 当事者間で決めるべき!

7. 移転先エコハウス改修費は商工会が負担すべき。短期移転案に1千万円超負担は不当!

中央公民館の早期解体は商工会に移転補償のための「理由<口実>づくり」の疑い?!  

---Ⅴ.高浜市民として-------------------☆---

1.商工会館の残存価値を面積比で換算すると、中公の価値は10億円です。今回の解体判断は、市民は「10億円」の損失です!  血税を無駄に捨てる判断です。納得出来ません!

2.中央公民館の取り壊しを始めとする公共施設計画は不可解と判断し、市政の是正を求め、市民意志を伝えるため、署名活動や住民投票の活動を進めてまいりました。

3.しかし、市政や議会は、この切なる市民要望を無視され、何ら、改善や歩み寄りの姿勢を見せることなく、計画強行は「暴政」です。

よって、高浜を私物化と思われ、市民の最後の抵抗として「提訴」に踏切りました。 

 いよいよ法廷闘争が開始となるかもしれません。市民主体の施政を求め闘います! 

---Ⅵ.提案・市政改革のために-------☆---

・今回の公共施設計画の推進は、市民が市政参画に目覚めの契機となりました。

住民投票を求める署名15千筆や投票13千人は、市民の施政参加に発現の兆しです! 

☆ようやく「高浜自治基本条例」を運用できる施政環境になったという証です!

    つまり、市政を「市民・行政・議会」の三者運用が可能であろう環境に成長です!

よく、議員さんは「議会は二元代表制」「間接民主主義」による市政運営が最高!

「いちいち市民の声なんか聞いてやってられない」と主張されますが「前時代的認識!」

時代は変わります。変える必要があります!

   市民参画による施政運営への改革が次代の要求です! 

今、次代を見据えて「新生・高浜」を構築のチャンス!

   原点回帰され、市民と共に市政のあり方を考えませんか?

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp