読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・高浜の公共施設は、病院(高浜分院)・市役所・公民館・ 美術館・学校と様々な施設があります。 どれも主に巨額の税金で建てられています。 今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため 公共施設である「中央公民館」を税金で解体し、 また病院建設のため、税金20億円を投入の予定です。 まつたく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「住民投票」という方法で決めたいのです。

公共施設計画の矛盾 - 青少年ホーム閉館予定

● 青少年ホームの閉館(29年度内)の説明会に参加して来ました。

☆ やはり、一週間程度の施設窓口での告知は無理がありました。施設利用率にこだわれるわりに、お仕事の効率には寛大なようです。説明参加者は市民 6名でした。 

⇒ 市は「次回は、もっと日程余裕を確保して周知に配慮する」と回答されました。

---青少年ホーム-----------------☆---

☆完成は、昭和49年(築42年)、延べ床面積694㎡、年間利用11千人(利用率8%)

  (*参考:中公・昭和55年(築36年)、延べ床面積4,091㎡、年間利用73千人(利用率15%)) 

---検討の方向性-----------------☆---

☆施設を解体し、跡地の有効利用として、民間に移譲。機能の集約化によるスポーツ拠点の形成を目指す。

⇒要するに、民間経営の「プール」を建設検討したいそうです。

---利用者への代償案-----------☆---

● 市は、市内様々な施設を紹介され、市民に「それぞれ探して利用」をと無責任対応。

⇒ 驚いたのは「調理講習」の代替案として「かわら美術館・陶芸教室の手洗場?」

    (* そのうち、洗面所も使えますとでも言いそうな説明は立腹ものでした) 

⇒ 市の「解体ありき」の説明は、余りにも乱暴です。結論ありきのため、理由や、解体の根拠(耐震強度・補強工事額)等々、まったく不明で、納得はとても難しいものです。

---高小プールの代替案----------☆---

⇒ 学校プールの代替案として「市内にある既存のスポーツクラブ(コパン)」の利用を真っ先に考えるかと思いますが、どうも打診もされていないような様子。

☆地図で確認すると、高小からの距離は、青少年ホームより「コパン」が近いのです。

 ①なぜ、わざわざ遠い立地を選ばれるのか? 

 ②既存施設を利用すれば今夏でも、民間移譲の水泳教育の有用性を検証可能です。

   ③ 市長は「水泳授業は年200万円」と説明されたそうです。これを実現のためにも、市内にある既存の民間委託が最も安価と思われますが、何故か、解体・新設。不可解なお考えは、到底、理解の範囲を超えています。どんなメリットがあるのでしようか?

 ● なぜか、難しい方法を選択し「民間のため公共施設解体は中央公民館と同じです!

この対応は不可解!  またもや民間企業を優遇して、ホーム解体は怪しさを覚えます。

 あくまで「青少年ホーム」解体ありきは、また、適正さを欠いた乱暴な市政です。

   (*今回の公共施設計画は、300億円事業の是非を問う前哨戦であるとも考えられます)

---市民(参加者)の声----------☆---

・説明会の案内を利用者に「個別連絡」しても負担は少ないのでは?  確実な周知を!

・施設を利用する事により「愛着」が湧き「施設を大切にしたい」が市民の声だ!

・施設解体の根拠、建築工学的な評価も加え、正確な根拠ある理論的説明を戴きたい。

・解体や施設建設による「費用対効果」を正確に、真実を明示してほしい。

---市民各位へ-------------------☆---

☆今回の説明会の参加者の少なさも、市政の暴走を助長されている原因かと思います。

 (*もっとも市の周知方法に問題はありましたが…。あえてそれを狙ったかも? 説明会実績を作れば良い? )

☆公共施設を建物寿命前に「解体&建替え」を繰り返す事は、財源負担が最大となる方法です。かつての日本人の美徳「もったいない」を忘れた血税の使い方です。

⇒ 市政の傍観は「子どもに顔向け出来ない、大人の責務の放棄ではないでしょうか?」

☆市政の方向につき、市民の常識的な監視の視点をもって対応頂くことが、後世の市民にとって住みやすい、「まちづくり」につながると確信しています。

次回、青少年ホーム施設説明会は「2月12日(日)10時~」!  ご参加をお勧めします!  

---松陰・名言-------------------------☆---

草木崛起(そうもくくっき)の人を 望む外 頼みなし」

 (・在野の人々が、山のように立ち上がり、世を変革することを望む)

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp