読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

公共施設計画の矛盾 - 青少年ホーム閉館説明 (第二回)

● 青少年ホームの閉館(29年度内)の説明会、第二回目が開催されました。(2/12)

☆ 説明会開催の周知がお粗末。あるいは秘密裡に使用中止・解体推進は乱暴です。

⇒ 施設窓口での告知に限定し、わずか10日程度で開催では市民周知は無理です!

 ・第二回目の説明会への参加者は [市民 - 3名] だったそうです。 

⇒ 市は「次回は、もっと日程余裕を確保して周知に配慮する」と回答されたそう…。

---青少年ホーム-----------------☆---

☆ 完成は、昭和49年(築42年)、延べ床面積694㎡、年間利用11千人(利用率8%)

    (*参考:中公・昭和55年(築36年)、延べ床面積4,091㎡、年間利用73千人(利用率15%)) 

---第二回目の説明会----------☆--- (* 概要情報)

卓球関係  ・解体理由が納得出来ない。

       ・代替案も本当に確保できるのか不明?

               ⇒ 市は「体育センター」や「小・中学校が学校開放されてます」

        「ご相談にも応じます」とご回答らしいのですが、空いてます?

         (* 市民サービスは低下の一方です! )

論地住人  ・近隣住人にも案内無く、秘密裡に推進は不信感が大きい。

       ・子ども会が「屋内体育場」を使えなくなる。

        (* 高浜学区のため、高取学区の論地町の子供が犠牲では?!)     

 ☆歌愛好   ・説明会の案内日程が、余裕が無さすぎ。 

        (* 広く市民に知ってもらおうという考えが無いのでは?)

 

その他   テニスコートは残す。但し、運営は未定(民間委託?の可能性)

       ⇒南中テニス部が利用中 (説明はどうするのか?)

---市の説明の疑問-----------☆---

●「解体ありき」の説明は、市民の意見、意向は無視の説明会です!

● 既存の「民間スポーツクラブ(コパン)」への水泳授業の委託打診等の検討努力等が、具体的に進められていないような回答対応でした。これは、おかしな進め方です。

今ある施設の有効利用を図らず、公共施設を強引に解体・建設は間違いです。

 このような進め方が「市役所のように失敗建設」となります。

⇒ 何故か「解体→建設ありき」の強引な進め方は、不可解であり疑念が湧きます!  

● 子ども(児童・生徒)の意向確認や、説明責任も果たされない独断的な市政は問題です!!

● 個々の公共施設の解体・建設は「市民の賛同確認」が必要です!  

⇒「公共施設300億円事業」を推進につき、市民に説明はされていません。

● 資料配布だけ、HP掲載だけでは、最低限の情報提供です。

⇒ 高浜小44億円建設の仕様説明も無く「3月議決」で契約推進は市民無視の暴政です!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp