読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・高浜の公共施設は、病院(高浜分院)・市役所・公民館・ 美術館・学校と様々な施設があります。 どれも主に巨額の税金で建てられています。 今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため 公共施設である「中央公民館」を税金で解体し、 また病院建設のため、税金20億円を投入の予定です。 まつたく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「住民投票」という方法で決めたいのです。

市民の生活意識 と 高小のプール廃止問題

☆今週は、町内会「総会」準備で、ブログは手抜き状態でした。すいません。

 (* その間、これと言った情報もなく、下記のような事を考えていました) 

---市民生活のつながり-----------☆---

● 人は、社会的なつながりをもって生活を営む動物であるとよく言われます。一人では、なかなか生きていくのが難しい生き物で、孤独を楽しめる人は珍しいとも…。

昔から、よく聞くのは、人のつながりは「血縁」に始まり「地縁」そして「社縁」というように進化を遂げてきたとか? 

● このつながりが、日本独特の村気質となり、崇高なる思想や精神、公明正大なものとは、かけ離れ、村社会中での掟や秩序が形成され、その地域の有力者の利益に沿うため、村人は「村八分」を恐れて盲従してきた。という江戸期以来の積み重ねられた市民生活意識がまだ根深く残っているようです。

⇒ ある記者曰く「高浜」は「時代劇のような町」と指摘された所以でしょう。

☆しかし「住民投票」を契機として、ようやく民主主義の風が高浜にも吹いたと思っています。市民が、ようやく民主主義に目覚めた事を信じたいと思います!

⇒ 村意識から脱却し、村人から、本当に自立した「市民」に脱皮し、市民意識が確立した事を期待したいと思います!

---高小のプール廃止-------------☆---

● 今回、市は、高小のプールを廃止し、公共施設として利用中の「勤労青少年ホーム」を解体し、この跡地に「民間経営のプール建設」を進めようとしています。

しかし、ちょっとおかしくありませんか?

    高浜市には、碧海町に「プール施設のあるスポーツクラブ」があり、経営者の変遷はありましたが、施設は、30年以上前からあるかと思います。

 距離的にも、高小から青少年ホームより、距離は近いのです。

    常識的な市民感覚からすれば、まずは、現在運営している同クラブに、「高小・水泳授業の委託打診」をするのが妥当と思われます。が、先日、弊会が直接、同クラブ関係者に質問した結果、「プール建設は、初耳!」ということでした。

⇒ この小さな町に、民間のスポーツクラブ建設を、市が主導して建設し、民間の営利活動上に競合事態を巻き起こしてまで、あえて施設の増設を図ることは、また、何か、裏がある可能性を感じます。

💀 市は、営業妨害が予想されるにもかかわらず施設建設を推進は怪しいのです!

●  ひょっとして、また「分院と同様に『土地は無償・建物は補助金付き、経営赤字も補償付』」で、お知り合いか、市内の関係会社に委託される計画を模索中の可能性が多分に想定されます。

● 商工会に移転補償のため中公解体を4年早期化と同様の仕掛けを画策の可能性大です!

⇒ 今後「プール建設」の動向には、更に、注意深い監視の必要性を感じます!

 もう「たかはま」の私物化は許されません!

 村意識から脱却して、皆さんで注視して頂きたいと思います!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp