読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・高浜の公共施設は、病院(高浜分院)・市役所・公民館・ 美術館・学校と様々な施設があります。 どれも主に巨額の税金で建てられています。 今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため 公共施設である「中央公民館」を税金で解体し、 また病院建設のため、税金20億円を投入の予定です。 まつたく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「住民投票」という方法で決めたいのです。

縮充建設は正解か? - いきなり高小建設の疑問

☆市民が慎重な判断を期すため、市の公共施設計画を再考してみたいと思います。

● 市は盛んに今後の施設建設方式として「縮充」を主張されています。

 高浜小学校に、公民館や体育館、憩の家等々を合体し建設する方法です。建設規模は大きくなり、建設費は更に巨額に。建設工期も更に長期化の点が難点と言えるでしょう。

   (* 翼小の建設費は16億円。高小は44億円です。市内最高額の施設かも?  <議員さんが視察された・埼玉・縮充小学校は23億円。屋上プール付> 高小は破格の巨額施設なのです。プール廃止です )

 確かに、理解できる部分もありますが、建設実例や実績が少なすぎます。巨額の血税を投入するのです。もう少し、慎重に推進される事が必要と思います。

 この「縮充」を提唱の南 学氏(東洋大学客員教授)も、まず、小規模施設を建設し、メリット・デメリットを検証した上で、大規模施設の建設推進を推奨しているのです。

 これを省略され、いきなり高小の大規模44億円建設は、冒険的なご判断で賭けに近いものを感じます。

 (* 建設責任を求められませんから冒険できるのかも…。二池町のボートピア建設に賛同される姿勢も同様の理由からでしょうか? )

 しかし、お役所の仕事の進め方は無謬性(むびゅうせい)を第一義とし「絶対に間違いが無い」という進め方を目指すべきですが、最近の高浜市政に、拙速過ぎ、焦りを感じます。

☆市が紹介された、他市の縮充建設の事例でも「プール」は校舎内に設置例が多数あり、教育施設として「プール」を必須機能としているのです。

   拙速な判断で「プール」廃止は、新庁舎の失敗建設の繰り返しと思われます?

プール廃止は施設戦略では無く、中公機能を移管に対し敷地面積が狭小のためです。

⇒ こんな決定方法では「いかんぜよ」とあの世から言われていると思います! 

---新庁舎の分離建設の矛盾-----☆---

● 市は、盛んに「縮充」を主張しつつ、新庁舎は「分離分割」なのです。まったく矛盾の新庁舎建設は、市民にとって非常に不便な施設となったことは間違いのない事実です。市民には今後20年間も不便な市役所となったのです。

● この新庁舎建設も市民説明は、着工三か月前に実施という、真に、拙速さを絵に描いたような進め方でした。今、思えば、任期に間に合わせる建設工程は、市政を私物化とも言えます。

---誰のための公共施設?--------☆---

● 中央公民館の早期解体の理由は「商工会に移転補償<1.2億円>を議決の口実」であり、癒着関係を露呈する事態は残念です。(* 弊会は違法と提訴しています!)

結果「高小建設に、中央公民館を移転という無理なしわ寄せが発生しています!」 この背景には「中公を解体し、跡地を「豊田会」に貸与」という圧力が誤断の要因となっています。

このように今回の「公共施設計画」には、建前は、30年、40年先の「たかはまづくり」と言われながら、様々な因果関係や利権がからみ、純粋な「まちづくり計画」から逸脱のため、市民のための施設づくりではありません。

 加えて、施設計画に固執の余り、本来の「まちづくり」の総合的な計画が二の次となっています。まち全体の長期構想(展望)の無い施設計画は失敗です! 

 例えば、高小周辺の道路整備計画はどのようになっているのでしょう? 

市民が施設利用に集中するのに道路の安全整備計画は、何も無いようなのです。(* 一番欲しいのは自転車帯です。拡充整備をよろしくお願いします)

 このように、市民のためでなく、特定の団体のための「施設づくり」であり、結果、市民が犠牲となる事態が想定されます。

このまま、拙速な判断による市の強引な建設推進を傍観せず、この間違いを是正のため、市民は立ち上がる時を迎えているように感じます。

    後世の市民のため、小さな勇気を奮い立たせる時が来ていると思います。

---提言-------------------------☆---

☆「何故、このような分かり切った欠陥計画を議会は誰も指摘されないのか?」

☆「独裁市政は、誰も口出しできない硬直状態を生み出しているようです」 

現在のまったく間違った判断、計画では危険です。後世の市民が犠牲です!

今一度、高小建設計画の詳細仕様を市民が確認し、

  市民(児童)声を反映した「縮充建設」を進めるべき 

 と提言します!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp