読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・高浜の公共施設は、病院(高浜分院)・市役所・公民館・ 美術館・学校と様々な施設があります。 どれも主に巨額の税金で建てられています。 今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため 公共施設である「中央公民館」を税金で解体し、 また病院建設のため、税金20億円を投入の予定です。 まつたく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「住民投票」という方法で決めたいのです。

たかはま - ギャンブルの街をめざす?

● 二池町で「ボートピア」構想が、町内で論争になっていることはご存知と思います。

「ピア」の名から理想郷イメージで捉える方もいるかと思いますが、賭博発券場です。

「賭博」というと旧いかな? 「ギャンブル施設」なんですね。二池町の宅地と隣接のため、保護者から不安の声が上がっています。署名では「町内の過半数が反対」されたそう。

 しかし、現在は、町内会役員や議員の説得工作投票工作により「建設賛成」で進められているそうです。

<聞こえてきた、うわさ情報では>

    (*説得工作 : 議員さんが自宅に押しかけ説明された? ご高齢の班長さんは辟易して「もういやだ」とか!)

    (* 投票工作 : ・ある班長さんは、賛否未記入で提示したのに、開票結果は「未記入無し?」                                   ・反対派の班長さんに投票用紙が配布されたのは投票日の二日前とか?  間に合わない票も?                            ・「開票日」当日の役員会は、既に「賛成票・反対票が開票され区分けされ提示された?」)    

地元町内会や市政は『市民・住民の「声」は聞かない』実態が露呈しています。

---ギャンブルの街を目指す?---☆---

☆ しかし「まちづくり」の視点からすると、高浜市政は「ギャンブルの街」を目指しているのでしょうか?  

● 現在でも、コンパクトシティの市内には「パチンコ-5店」もあり、更に「ボートピア-1軒」が加わると、碧海5市のなかで、高浜市は、人口割合で換算すると「ギャンブル施設密度」が、ダントツに高い街となります。

 (*人口47千人÷ 賭博施設6件=8千人/件知立-10千人/件。刈谷-12千人/件。碧南-14千人)

● 二池町の問題では無く、高浜市としてどのような「まちづくり」を市政は、議員さんは、行政は、目指されているのかが問われる事態かと思いますが…?

ギャンブルをお好みの方々が高浜市政は多いのかもしれませんが、時代の傾向は、ギャンブル人口や市場規模は漸減傾向にあるらしいです。次代の方向ですね。

★ 施設計画では、議員諸氏は、30年、40年先を見越して計画されているそうです。

    コンパクトシティ高浜にギャンブル施設を増設し、未来のまちづくりが「ギャンブルシティ高浜」をめざされている事は、好ましくも、嬉しくもないと思うのですが…。

ボートピア」は、市民のニーズですか?  議員さんのご都合でしょうか?

(* 二池町のお母さん方は個々に議員さんを訪問嘆願されたそうです ⇒ 議員さんの回答は「内容は分らんが、地元議員が賛成だから、俺も賛成!」とか。お母さん方は、落胆の思いで帰宅されたそうです ) 

---建設推進責任は誰?-------☆---

この施設建設の責任を市は「二池町民」の判断に委ねています。無責任では?

●「ボートピア建設」を「二池町」に限定審議とした判断基準はあるのでしょうか? 

       (* 周辺の「青木町、稗田町、碧海町、田戸町」には、絶対、影響は無いと言えるのでしょうか? )

この「建設推進責任者」は誰? 町内会役員?  推進議員? 

将来の事故、事件発生時の対応のため、推進責任者の明示・記録化を提案します!

      (*逃げ得は許されないと思います。事前にリスクが分かっている施設建設ですから…。覚悟が必要です )

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp