読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

たかはま - ギャンブルの街をめざす (2)

◎ようやく高浜市議会も民主的な審議らしい審議が行われたようです。

 (* 中日新聞 17. 3. 15 [16面] 西三河版ボートピア建設に賛同」・市議会採択 ) 

☆昨日(14日)は、二池町に建設予定の「ボートピア(BP:場外舟券売場)」問題で、市議会は「特別委員会」を設け、請願や陳情を五件を審査されたそう。同じ案件に賛成・反対五件も提示されることは極めて希な事態と思います。

◎ 更に「市政クラブ」議員さんが、賛・否に分かれた事も極めて希でした。

 恐らく委員会を傍聴された市民の方も驚かれたと思います。晴天の霹靂か?!

 ---新聞によりますと-------------☆---   (* 中日新聞 17. 3. 15 [16面] 西三河版)

幸前議員 なぜ高浜に必要なのか。リスクを負ってまで造る理由が分からない!」

◎長谷川議員「町内会の選挙が公平だったか疑問。住民への誠心誠意な説明も無い」

● 柳沢議員  「BPから入る売上1%が大きい(約2千万円)。事業者は地域活動にも協力」

● 北川議員  「住民の不安な気持ちは理解。具体的に解決の方法を考えていけば良い」

⇒ 結果的には「賛成8-反対5」とかで「議会は反対していない」となりました。

☆しかし市政クラブが割れたことは真剣な審議が行われた証とも言えます。これからも、このようなご審議を期待させて頂きます!

---ある傍聴者の感想--------☆--- 

☆ 幸前議員が反対したのには驚きました。同議員の論点は

「この施設が地元市民に歓迎される施設か」

「どんなメリットがあるのか設置賛同の請願には明らかになっていない」

「設置推進の根拠も明確でなく、地元民の反対の声があるものには反対」

「地元に2千万円入ることを挙げているが他の方法で財源確保を図れる」

  というような観点から設置反対を表明されたようです。

●柳沢議員「設置推進は地元に入る財政が大きい」としか言えなかった。

●神谷利盛議員「設置の目的や効果等、様々な情報を明確に」と態度保留!

ボートピア設置の経緯で、うさん臭い実態から賛同できない。と、このような態度に至ったのではないかと私は推測します。   (以上、委員会傍聴者のご感想)

---市議会に変化の兆し----------☆---

☆ 余り議会傍聴の経験も少なく、断定はできませんが、今回の審議は想定外の出来事でした。これを契機に市議会の個々の議員さんが個性を発揮され、努力を尽くされ、真剣な審議をされる議会運営に発展することを切望致します。

---責任ある賛同を!---------------☆---

☆ 仮に、施設建設や運営後、事件や事故の責任の一端は賛成議員さんにも負うて頂くようお願いします。これが「責任をもって賛意を示された」ことですから。

具体的に解決する方法の一つでもあります。

★つい先日、名古屋市南区ではギャンブル依存症の男性が近所の老夫婦を殺害事件まで起こしています。

 これはギャンブル施設への警鐘と思います。「二千万円」と「人命」とどちらを優先するかです。

★事件が発生する前に、具体的に、何を、どうするかが、賛成議員さんに与えられた責務でもあります! 

この対策提案無く「賛成」されることは「無責任」以外のなにものでもありません!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp