読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・高浜の公共施設は、病院(高浜分院)・市役所・公民館・ 美術館・学校と様々な施設があります。 どれも主に巨額の税金で建てられています。 今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため 公共施設である「中央公民館」を税金で解体し、 また病院建設のため、税金20億円を投入の予定です。 まつたく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「住民投票」という方法で決めたいのです。

たかはま - アスベスト撤去問題!

★ 以前から問題となっていた「公共施設のアスベスト問題」が、とうとう、会計予算案として議会審議に追加されるそうです。

しかしとても納得できない異常事態と考えています!

  (*一般的に、不適切な取引と想定される事態と酷似しているからです。詳細は今後、精査して、ご報告させて頂こうと思います。健全な施政運営であることを願いつつ…。)

---アスベストを施設利用-------☆---

アスベスト発がん性等の健康被害の要因物質と指摘されてから、50年程度を経過。

 撤去工事は当然実施されるべき工事とは思いますが、納得できない点を述べます。

⇒ 情報検索   アスベスト問題 - Wikipedia 

---不可解な点 1. -----------------☆---

★この情報検索資料にもあるように、アスベストを建設材に使用禁止は1975年9月。

 市庁舎の竣工は、1977年の規制後です。当時、外壁吹付けは規制外であったのか?

 使用禁止のはずの「アスベスト吹付け」工法等を、採用されたのでしょうか?

⇒この法規制を確認し、解体撤去の「責任区分を明確にすべき」と思います。

 この責任区分において費用分担すべきと思います。たかはま100%でしょうか?

---不可解な点 2. -----------------☆---

★旧庁舎や中央公民館の解体は、相当以前から検討されていたはず。

 プロの建設解体業者であれば、アスベスト利用は瞬時に判別できたはずでは? 

 これを受注決定後、追加見積を提示される事が、不可解な事態と思います。

    一般的には、工事業者の見積ミスでもあります? これも たかはま100%負担?

● 相当の巨額修正です。これを認めるほど、高浜財政は潤沢なのでしょうか?

  (* 芳川町内会から公園に時計設置を要望 ⇒ 「50万円予算無し」と回答事例有り)

---除去概要------------------------☆--- 

● 旧庁舎    外壁面積3,600㎡  配管 100ケ所      費用 5,616万円 

● 中央公民館     ---       配管  40ケ所<L型保温> 費用   270万円 

---疑わしい事態------------------☆---

今回の「アスベスト撤去見積」は、複数企業による競争見積をされたのか? 

  ・撤去費用の適正性の確認。

     ・競争見積による経費削減を図られたのか?

なぜ、事前に「アスベスト利用」が発見できなかったのか? 

    ・一般的には図面表示されているはず。

    ・現物で判別特定が可能。

---まるで素人のような対応は怪しい? ---☆---

● これが既に決定業者の単独企業の見積であれば、それは「癒着見積」と言えます。 

 たかはま施政の健全さを信じたいものです!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp