読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜高校 - 定期演奏会・刈谷会場にて初開催!

☆17年3月23日・高浜高校・吹奏楽部・定期演奏会が開催されました

会場は、高浜市民ホール「閉館」のため「刈谷市総合文化センター・大ホール」です。

 ☆施設紹介 : 刈谷市総合文化センター 

---刈谷会場の障害------------☆---  (当方で勝手に想像して書いてます)

1. 同・大ホールは、定員1,500名という規模。

    主催される方は、お客様のご来場が一番の心配。刈谷市という離れた会場で、初の開催ですから当然です。でも予想以上のご来場でした。あたたかなお客様でした。

 <「空席以外は満席」と司会者(指揮者)の方も言われてましたね>

---会場が刈谷となった理由---☆---

高浜市は、昨年11月、築36年・鉄筋RC造のホールを寿命とし閉館したのです。

 閉館・解体は市内の「民間病院」のため、更に、計画より5年も解体早期化は、「商工会」に移転補償を提供のためなのです! このため高浜高生は犠牲となったのです!

☆ご参考までに、岡崎市は市民会館を80年持たせるべく「リノベーション(改築)」実施!

● ちなみに高浜市庁舎は築39年で解体。高浜は、税金を湯水の如く浪費されています。

   高浜小学校も建替え計画中。その建設費は44億円!   建設方式は「縮充・PFI方式」で、支払いが平準化と説明しながら、実態は3分割払い。言行不一致な市政です。

● まったく、説明と異なる建て方で、市議会で通過したから良いと強引に推進中です!

 (*近くの翼小の建物は16億円。本当に理解に苦しみます。この犠牲が定期演奏会でした)  

---刈谷会場の障害 2------------☆---  

2.二つ目は「会場使用料等の開催費用の工面」でしょうか? 

☆会場料金や移動・運搬・印刷費を含むと恐らく約20万円を超えたかもしれません?

   (* 高浜市は「閉館補償」を利用者に提供すべきです。5年も解体早期化ですから…)  

⇒ しかし高浜高校生は、たくましく育っていました。

  この費用確保のため「スポンサー募集」を図ったのです。なんと、高浜・碧南・安城刈谷と約140社/店を超える賛助活動を展開された模様です。

 「スポンサーさんに、感謝ですね!」

☆大人の智慧として、来年は・某民間病院「●会」や、「商工会」にも依頼されては? 

  (*両者とも高浜市は「数千万円~1億円超」補償を提供しています。賛助は当然ですね)

  (*多少なりとも良心は残されているはずですから、賛助依頼を正式に提示すれば、きっと応じて頂けるはずです)

⇒ 次回の演奏会のプログラムに、団体名が掲載されていることを期待しています。高浜市も掲載されていれば、もっと嬉しいこととなりますが…。難しいかもしれません?  

---演奏会の状況-------------☆--- 

f:id:t2521:20170323214958p:plain *総合文化センターのホール入口

f:id:t2521:20170323215356p:plain *第一部・五曲

f:id:t2521:20170323215709p:plain *第二部・七曲

 ⇒ 高浜市内でも演奏機会があるようです。是非、ご鑑賞と激励をお勧めします…。

---最後に心配な事-------------☆---

開場は午後六時。演奏会は、六時半から八時半過ぎまで熱演でした。

 これで開場を片付けて、楽器をしまって運搬し、移動を含め、仮に学校へ戻れば、

 夜の十時。整理は明日として、帰宅すれば十一時。これを市は強要しているのです。

後世の市民に対し、過酷な市政と思います!! 

 (* これでも中央公民館の解体や解体早期化は「正しい判断」と言えるのでしょうか? )

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp