読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜高校 - 定期演奏会・刈谷会場にて開催 (2)

☆それにしても、なぜ、「高浜高・吹奏楽」は、刈谷での遠征演奏会をされるのか?

⇒ 当然、「ホールの音響効果」ですよね。

高浜市政は施設を縮充建設し、これからの「ホール」は「体育館」で良い。と市長や議員は判断され「高浜小学校」に移転計画を強引に推進されています。

☆しかし、やはり、生徒さんは正直なんですね。特に、吹奏楽部ならでは「音響効果」に鋭敏な判断をくだされているのだと思います。この判断の結果…、

体育館」では「楽器演奏発表」に適さないと…。

☆音楽にうとい大人の感覚では、広い空間さえあれば良い。とお考えのようですが、やはり受け入れられないと思います。

 恐らく、高小の体育館が完成しても「吹奏楽部関係者」は「他市のホール会場」での演奏を求められると思います。つまり、高小は利用されないのです。体育館で良いのなら自校で十分ですから…。48億円の建設は「もったいない」産物となるのです。 

★高浜の「中央公民館を解体」は「市の文化的な環境を劣悪なまでに低下せしめる」悪政的な判断と思われます。誠に、残念な市政と言わざるをえません。

☆今回の「高浜高校・吹奏楽部の定期演奏会」は、改めて「ホール」に必要な機能を再確認させてくれる機会でした。

高浜市は文化不毛の「まちづくり」を進めているようです!

---この記事記載の理由-------☆---

市は、公民館だけ解体を五年早期化です。理由は、商工会に移転補償1億提供です。

 この犠牲が、高浜高校、そして幼稚園です。市外のホール施設に会場変更を余儀なく

 されました。お母さんから、市外発表では「移動手段が大変で、見に行けない!」と

 の声もお聴きしました。これを受けて市民の声として疑問を発信しています。

市政は市民の最大幸福を実現提供のためであり、特定団体の利益提供は誤りです!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp