読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜市の公共施設計画 - 総括版 (2)

★恐らく、このブログ読者である賢明な市民の方がたは既にご承知と思いますが、高浜市政の構造が独占状態にある根源は「市会議員」さんの人員構成にあります。

  (*しかし、これは、高浜に限らず地方都市の大勢を占めているのが実態のようです)

---1.市会議員の人員構成------☆--- 

高浜市政の数十年にわたる施政の歴史的な経緯は、圧倒的に市長主導で運営されているようです。これを支えるのが、議員の構成です。

高浜市の市会議員数は、全部で16名。その構成は、市長派の市政クラブ10名。公明2名。あとは、一人会派議員が4名。

⇒ この構成ですから、多数決を方針決定の判断基準とする議会運営では、何を決めるにせよ、初めから「市政クラブ=10名」という圧倒的多数による採決結果は事前予測できる事態となっています。つまり、みんなで渡れば怖くない状態を作り上げています!

● 聞くところによりますと、会の意向に反対表明は大変な事とのうわさです。よって、10名の議員さんは「ほぼ右倣え」の採択結果だそうです。

⇒ 戦後「民主主義国家」となり、はや70年を経過しようというのに、地方自治では、まだまだ「首長の独断施政」が生き残っているのが実態のようです。

● この実態のため、市長の思惑に合致しない「市民の切実な思い」は、市政に反映されない結果となっています。これが「市民犠牲」の構造的な要因です。

---2.市政クラブ議決の結末-----☆---

★今回、弊会立上げの要因となった「中央公民館の取り壊し問題」も、市は「民間病院」や「商工会」を大事としてますから、当然「市民犠牲」の採決結果となりました。

 ● 中公解体は「民間病院」のため!   ●中公だけ5年解体早期化は「商工会」のため!!

 (*中公の価値はまだ残り7億円。これを3億円かけて解体は、市民損失 10億円です!) 

★市民のかたがたに、この実態を伝えきれなかった弊会活動の弱体さも要因ですが、会を立上げて半年程度では、なかなか、この真因構造を把握できませんでした。

⇒ しかし、ここに来て、ようやく市政の全容構造が見えるようになりつつあります! 

これを市民皆様にお伝えするのが弊会の使命と考えています。後世の市民のためにも!

---3.二池町・ボートピア(BP)問題---☆---  (推測意見情報です)

★今回、住宅地に隣接の瓦置場にBPを設置する問題が紛糾しています。

⇒ 市政ク議員さんや地元の公明議員さん各1名が反対表明されたことは奇跡と思います。が、高浜の特徴として「瓦関係者」を保護優遇という側面もあります。

  今回、市民は「BPのリスクに不安を持っています」「リスク効果が疑問です

 これに市政ク議員さんや賛成市民は「責任表明」や「様々な問題の対策案」を示されず「儲かるから」だけの欲望の利益説明だけでは到底、反対の市民は納得出来ないのは当然ではないでしょうか?

この説明責任を果たさず、推進強行も高浜市政の特徴です。議会は常に賛成ですから!

3/29 : うわさでは地主さんの瓦屋さんは、BP推進団体の「元取締役」だったとか?

    「確かに生き残ることは絶対必要要件ですが 手段を選ばれることも大切では?」

---高小・プール廃止問題------☆---     (推測意見情報です)   

★小学校の「プールを廃止」の理由は「駐車場の確保のため」は、児童が犠牲です!

 為政者として、正しい判断と言えるかどうか、疑問です。

後世の市民に施設建設の借金返済を負わせて、ホールやプールを剥奪は"いじめ"です!

   (*公共施設計画は高小含め300億円事業! H61年まで建設実施。その後も借金返済です)

● このプール移転先の「青少年ホーム」を解体して民間に経営委託も不可解な施政計画!

   (* 全く「中央公民館の取り壊し」と同様の仕掛けによる市民犠牲の事態です)

● 市内にある民間プール会社に相談されないか、あるいは、もう密約済みで、青少年ホーム跡地を格安で貸出を条件に「プール委託」を推進されているかもしれません。

各学区のプールを全て民間委託は事業的に成立は困難!

いずれにしても、市民には秘密の施設計画を推進されています。高浜市を私物化です!

⇒ また説明責任を果たされない施設計画を推進は、何やら不気味な市政と思います。

  計画がより具体化されるまで市政監視が必要です!

---プール情報の訂正-------☆---

☆ どうも、プール計画は地下で調整されているようです。後日、ご案内します。

本当に高浜施設計画は大丈夫でしようか? 児童が犠牲にならないよう祈るばかりです。

 なぜ、高浜市は隠すのでしょうか? 議員さんが問い合わせても情報公開を拒否される事態となっているようです。

    市役所のような失敗建設の二の舞はこりごりです。公明正大な市政を望みます!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp