読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜市の公共施設計画 - 総括版(4)

☆はや年度替りを迎えました。一年は、長いようで短いものです。市が発表された高浜小学校の建設工程では、29年度は「設計工程」となっています。しかし、市民の声を反映しようという意図や計画は見受けられません。一方的に、市側だけで、決められた設計推進を強行のようです。また市役所に続く失敗を重ねる計画かもしれません。

もう、市政の犠牲はこりごりです。無責任な施設建設を許される環境にないのです!

---高浜小学校の縮充施設の建設---☆---

★情報公開に積極的な自治体であれば、建設審査された施設計画資料を市民に公開され、広く意見要望を収集されようとするのですが、高浜はその計画は不明です。

☆市民は想像でしか意見出来ない事態となっています。以下、その意見を述べます。

 (先回のシンポジウムにて配布資料の抜粋版です。コピー版をお許しください)

☆ 高浜小学校の「PFI方式」建設は おかしいぞッ?! !

---高小の縮充・PFI方式の効果---☆--- (市の説明 : 建設費48億円!)

●財源負担が平準化(均等化)できる!    ●市職員を増員不要!

---市民の不安・問題---☆--- は市民の質疑応答を避けています。説明責任を回避です

高小の縮充効果は不透明! 高小建設の支払方法は、均等でなく、三分割払い! 

(*PFI効果は均等払いと説明。実態はH31-23億円。H32-13億円。H33-0.5億円です)

  (*更に、新築初年度から、建物の維持改修費を毎年支払うのがPFIなのです )  

★「PFI方式」故に「モニタリング」と言う「建設監理」が必要でまた予算追加!

★市は「縮充」 実績や経験、人材が無いのに、いきなり巨額・巨大事業は冒険です!

★新庁舎リース・分割建設は不便に! ホールもプールも廃止は児童生徒が犠牲です!

★高小の建設説明会の開催予定無く、先回の保護者説明会は「30分・質疑禁止!」

新 高小の建設構想は 市民や児童を軽視!! 

「縮充」による高小の建設は既に設計段階です。市民の声は反映されたのでしょうか?

 市の説明で「簡単な仕切り壁ぐらいなら変更できるかもしれない」は、既に決定か?!

---新・高小の縮充建設の不安な要素例-------------------------☆---

①中央公民館を解体予定。市民ホールは無くなり、体育館がホール替りとなります。 

  ⇒ 碧海五市では、高浜だけ「ホール」も無い文化的な環境劣悪の弱小都市に転落です! 

②中公機能を高小に移転のため「プール」も廃止し、駐車場を約200台増設。

  市の中心を なしくずし的に「青木町」に移転の「まちづくり」は なりゆきまかせ?

③ 工事は大型施設工事のため、3年間も高小は工事現場となります。児童は犠牲です!

  ⇒ 児童の「安全最優先」をお願いします。「授業環境の悪化」は我慢しかありません!

④新高小は、複合施設のため外部の人間が入りやすい施設構造となります!  

  ⇒ 👀/ 防犯カメラや人による管理だけでは限界があり、保護者の不安は尽きません!

市はなぜ急ぐ、なぜ説明しない、なぜ秘密に進めるのか?まったく怪しい建設では?

---不可解な施設建設-------☆---

公共施設計画に「PFI方式」や「縮充」を新規採用!

その功罪や費用対効果を市民に説明責任も果たされず! 質疑応答も回避され強引推進は不可解な市政です?

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp