読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜の誇れるもの - 自治基本条例!

今まで、高浜市政につき、批判めいた内容が多いなか、主観的ではありますが「高浜市自治基本条例」は、高浜市民として誇れるものの一つと思っています。

個人的にも、この市民運動を開始して、この条例に触れ、初めて読んだときは、感動すら覚えました。皆さんも是非、ご一読をお勧めします。 

♦ 検索   高浜市自治基本条例   (資料は4ページ)

一番、納得感を得た条項は、第一章 総則(目的)ですね 第一条

高浜市におけるまちづくりに関する基本的事項を定め、市民、議会及び行政の果たすべき役割を明らかにすることにより、市民が主体となった自治の進展を図り、持続可能な活力ある地域社会を実現することを目的とします。』とあります。

第二条(3)まちづくりや (4) 参画も、圧巻です!

(3) まちづくり 住みよい豊かな地域社会をつくるために市民、議会及び行政が取り組む活動をいいます。

(4) 参画 政策、施策、事業等の立案から実施及び評価にいたる各段階において、市民が主体的に参加し、意思形成に関わることをいいます。

真に民主主義の王道です! 素晴らしい条例です。

---機能不全の議会政治では?---☆---

● ただ残念なことは、実行も実現もされていないことです。制定され もう6年経過!

 条例推進は議員さんの立場が弱くなるからか、市民参画を嫌われています。

● 先の住民投票では、議員(市政ク)は、「弊会」を『悪人』と議会で言及されました。これが議会人のご認識かと思うと、落胆を覚えたのも事実です。

自治基本条例を実現され市民参加の市政を切望します。

●市会議員は「二元代表制による民主政治は議員主導。議員は市民の代表」と言われます。しかし、議決内容は、市民無視の結果が多く、失政が多いようにも感じます!

 ---市民目線の評価----------------☆---

二元代表制による高浜市政の実績例を掲げてみました。

三河高浜駅前開発!  相当大規模に財政投入されたようですが詳細不明!閑散のまち。  

かわら美術館 -築22年。瓦産業の育成を狙い魅力機能として建設。以来80億円!

高浜分院   -民間に経営移譲-早7年間で26億円補助。10年後には60億円に! 

中央公民館  -築36年、資産価格7億円を早期解体。解体工事3億円。(寿命百年) 

新庁舎建設  -28億円リース建設。21年後は買取り? 浪費、狭小、分割建設は不便! 

        (*発注後、アスベスト撤去漏れが判明し、解体予算の追加が発生!) 

高小の縮充建設-37億円構想が48億円に増額のPFI方式は「プール廃止」。 

等々、これだけでも、約300億円超が公共施設に財政投入されているようです。お聴きしたいのは、どれか、大成功と評価されている施設計画はありますか?

●市は各施設を残そうという意識は希薄で、解体・建替え方針を踏襲は財政の浪費です。

● 説明では、公共施設を市内110所も設定。造り過ぎましたから「縮充建設」と涼しい顔でご説明です。施設計画が破綻し、失政の連続ですが ご認識はないようです。

● 新たに高浜の30年、40年先を観てと言われ、また300億円施設建設を推進予定です。

  (* 実は、この計画は、一昨年度の説明会で資料配布だけ。説明無しで推進なのです)

 ⇒ 本当に議員さんは「30年~40年先が見えるのでしょうか?  責任はとられません!」

 ---市民待望の市政-------------☆---

今、地方自治は、高浜市政も同様、議会と行政だけで推進されていると思います。

   しかし、高浜市には「自治基本条例」があり「市民参画」による自治運営の日が来ることを期待したい。真の民主主義による市民による、市民のための市政にしたいのです! 

市民が立ち上がる日が絶対に来ると信じます!

   あなたが立ち上がる日が来ます!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp