読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

民主主義の市政のあり方を考える!

高浜市では一昨年以来「中央公民館の取り壊しの是非を問う」問題が発生し、住民運動を起しました。住民による「署名」「陳情」「住民投票」にまで発展したのです。

☆これらを客観的にみると、今、高浜に「市民参加の民主主義」が生まれようとする胎動を感じています。

三河の片田舎の高浜では、ここ数十年、保守系一辺倒の市政が展開され、この議会主導では、住民の声が全く反映されていないことに、市民がようやく目が覚めたのです。 

☆昨年発生した「ボートピア施設建設問題」も同様。「市民最優先」を忘れた町内会役員や議員活動により「経済効果」だけを判断基準とし、市民が望まない施設建設が強引に進められようとしています。

☆つまり、現在の高浜市議会の構造である「二元代表制」では、機能不全状態にあり、

市民の意思が反映されない施政運営であることに、ようやく気づいた市民が増加し、この結果「市民が自発的に行動し、署名活動や住民投票」につながったと推測します。

---新生・高浜をめざす------------☆---

⇒ 今後の高浜のまちづくりのため「基本体制を見直す時節が到来」と感じています。

新たなる施政体制は、住民自治による課題解決を図るべきと確信しています

施政の本質である住民の最大幸福、住民満足度の充足を図る体制が必要です

☆この視点から検討すると「間接民主主義」に「直接民主主義」を加えた体制。

⇒施政のあり方を模索し、新体制を構築すべきという大変革の必要性が見えてきます!

高浜の未来のため市議会に変革」が必要です!

---間接民主主義とは---------☆--- (ネット情報を検索してみました)

♦ 検索間接民主主義 - Wikipedia

★間接民主主義は、国民住民などの集団の構成員が、選挙などのある一定の方法によって民意代表者を選出し、自らの権力の行使をその代表者に信託することで、間接的に政治に参加しその意思を集団に反映させる考え方や制度をさす。

間接民主主義と直接民主主義には、それぞれ長所と短所が存在するため、多くの国家や組織では両者を併用している。

♦ 検索 ⇒ 住民自治と地方議会 http://www.f.waseda.jp/katagi/jitiforum.pdf

★間接民主制の避けられない矛盾は、「選挙した者の意思」と「選ばれた者の意思」が必ずしも一致しないということである。 

    住民との溝を埋め、二元代表制の確立を図っていくことは、地方議会に課せられた現下の重要な課題であるが…、

☆これに加え、今後は、住民との率直、真摯な討論により、ともに自己改革を遂げ、

 地方政治のリーダーとして地域の課題解決を先導していくことが求められている

 

---参加民主主義-----------☆---   (山口二郎 北海道大学教授 / 2007年)           

    従来の民主主義は代表(間接)民主主義であり、市民は選挙で代表者を選んだ後は、政治に直接関わることはできなかった。
    日本では地方自治体レベルで、首長の解任や議会の解散、条例の制定改廃について、直接請求が例外的に認められているに過ぎない
 選挙の際の政党や候補者の公約が曖昧で、選ばれた後に公約を無視することが当たり前になると、市民の側は無力感に陥る。 
    行政運営や政策の中身をチェックするというよりも、政治は代表者に任せ、住民は行政サービスを受け取りさえすればよいというお任せ民主主義の風潮も広がった。
    近年、行政の無駄を省き、社会の需要を的確に政策形成に反映させるには、市民の直接的な参加による参加民主主義を進める必要があるという認識が行政、市民の双方に高まっている。
   具体的には、政策形成過程において市民の発言の機会を確保するためのワークショップ、自由参加の審議会などが工夫されている。
情報公開が定着し、政策の問題点が見え易くなったことも、参加を促す要因となっている。  
〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp