読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

なぜ 中央公民館の取り壊しだけ早期化? 

---なぜ、中公だけを?-------------------------☆---

中央公民館の取り壊しだけ早期化されることに、今でも疑問を感じています。

 市は、高浜小学校の建替えに合わせと主張されていますが、高小と複合化する他の施設の解体時期は、高小の建替え後に解体です。なぜ、中公だけ早期化なのでしよう?

 例えば、下記資料では、体育センターや公民館、憩の家は高小の建替え後に「解体」です。これが常識的な市民優先の計画ですが、中公だけ早期化は異常な計画なのです。

● 中公は、市内で最も利用者数が多く、年間のべ7万人以上が利用の施設でした。

 これを代替施設も無く、真っ先に解体は、なにか、裏事情があるのかもしれません? 

f:id:t2521:20161122105838j:plain 

*結果として「商工会」に移転補償(1.2億円)を提供のため早期化です!

  (* 早期化しなければ、今年3月が賃貸契約の期限のため、商工会は自費移転、自費解体だったのです。

   これを早期化により、市から、移転補償や新商工会館の建替え補助、1.2億円を獲得したのです。

 * 市長は商工会-相談役。商工会-事務局長は市総務部長の天下り。うまい仕掛けを考えられました?)

⇒ こういうのは「共謀罪」に当てはまらないようです。更に、民間病院に土地提供のため。

⇒ 結局、特定の民間団体を優遇の異常な、方針なき「まちづくり」は市民が犠牲です。

   この乱暴な判断により、中公利用の市民や児童・生徒が困窮です。市は、市民には、一切、補償も、施設予約等の支援業務はありません。市民にお任せです。しかし、

商工会と「豊田会」は厚遇です。この市民を無視の差は「選挙対応」と推測します。

中央公民館-資産価格7億円。解体費3億円。民間団体のため市費で解体は暴政です。

---施設計画の矛盾-------☆--- 

★設備も施設も、できるだけ長期間利用することが財政節約になることは当然です。

 施設を「短期」に「解体」、「建替え」を繰返しは、浪費です。

 市の「公共施設管理計画」でも、施設の目標耐用年数を70年と設定されています。

   [検索] ⇒  公共施設のあり方検討について   (資料P.20)

■目標耐用年数①「躯体の健全性を確認できる場合は耐用年数を70年と設定」

   (* 旧耐用年数は、60年でした。これを、ご都合で無視はルール違反です)

  ②「耐用年数の中間年(35年)で社会的要求に応じた大規模改修を実施」が基準です。⇒ しかし、市は「中央公民館(築36年)や市庁舎(築39年)は寿命。壊したほうが安い」という根拠が曖昧な説明で強引に解体は、基準に反する矛盾の施策判断と思われます。

    (*市民メリットが無い、特定の民間団体を優遇推進は余りにも独断市政と感じます)

---市庁舎の事例-----------------☆---

● 最近の耐震工法は目覚ましい進歩を遂げています。市庁舎も耐震強度が弱いということで、耐震補強も含め、リノベーションが適切であろうに、市民への説明も適当に、

⇒「補強壁が多く、職員の移動の邪魔となり効率低下」という説明をされ結論は「いきいき広場」に移動でした。職員や市民の移動は更に増え、全く不便な施設建設を強行です。

⇒市庁舎の分割建設による移動を良しとされる新庁舎リース・28億円建設は失敗です!

(* リース終了の21年後、恐らく「買取」が多分に予想されます。また数億円浪費?)

後世の市民に、度重なるツケを回す施政は失政です!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp