読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

閉ざされた市政運営 - たかはま

★本来、自治体は市民に対し、情報公開性、透明性をもって執務遂行されるべきです。

 なぜなら市政の運営原資は「税収」による公益機関であるからです。職員さんも、議員さんも、施策遂行の成果は、全て市民に還元するのが、あるべき姿と考えます。

☆公明正大な施政運営を基本とし、情報公開は、この施政の適否を市民が確認できるものであり、法令等で情報公開に制限を設けること自体が不適切な事態です。

    情報隠ぺい体質は、世に問われた数々の汚職の温床を生み出してきたのです。

よって情報公開のレベルが、市民に開かれた施政の度合を測るバロメータなのです。

  高浜の情報公開レベルは、どうでしょうか? 次号で事例をご案内します。

---民間病院への巨額補助---☆---

高浜市立病院から民間病院へ「経営移譲」して、はや七年。言葉では「経営移譲」と言われながら、実態は「経営委託」。このため、既に26億円を経営補助なのです! 

あと、数年後には、更に、30億円超を補助投入と言う不可解な施策は失政です。

 (* 豊田会との協定で20億円を建替え補助を約束。この協定は現在地に建替え条件)

●「病院」という半公共性の機能を隠れ蓑にして、民間に移譲した施設を財政支援は泥沼のように、いつまでも、市民生活に犠牲を強いています。

● 今回の中公解体の跡地に分院移転の建設推進は、未来の高浜のまちづくりにとって一等地を奪われる事態を、市政が強行は失政です。市民生活を黙殺同然の事態です。

⇒ このような前代未聞の「暴政」は、永く、「悪政」として語り継がれるでしょう。

中公解体は、市役所リース建設に続く、第二の大失敗です! 

---民間病院による市民の犠牲------☆---

★ 結果、公共施設「中央公民館」は、民間病院のため、資産価格7億円を、築36年で解体。更に、解体工事3億円。つまり10億円を民間病院に供与という事態です。

★民間病院のため、高浜だけ「ホール」も無い街に転落は、市民が犠牲となりました!

● 加えて、この解体を早期化し、「商工会」へ移転補償「1.2億円」を議決です。

⇒ このように特定の民間団体に巨額補助は「不適切な市政運営」と断言します!

★市長は、この団体の「理事」「相談役」です。不適切な財源提供の最大の要因です。

 (* なぜ、ここまで、両団体を厚遇するのか?  結局、選挙対応ではないでしょうか?)

⇒   民間病院へ 毎年、公金による補助支出を、

  市民に報告を怠ったことは情報隠ぺいです!

    (* 市民に公表出来ない財源提供は、うしろめたいお気持ちの表れでは?)

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp