読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

閉ざされた市政運営 Ⅱ

今回の市民運動を通じて知りえたことは「情報公開請求制度」により「市の個別の資料情報を請求できる」という事でした。(そのくらい素人がはじめた市民運動でした)

H27年秋「高浜分院を移転のため、中央公民館を取り壊す」は衝撃的でした。あの築35年の公民館を「市は建築寿命。壊したほうが安い」の主張は常識を外れた説明で、当然、納得できません。これを強行は、市民に対する暴力と感じました。

更に「市長は豊田会の理事。副市長は運営委員」。驚いたのは、豊田会に病院を経営移譲7年間で26億円を秘密に提供していました。高浜市は豊田会の奉仕団体(財布)ですか? 

---情報公開請求----------☆--- *(* 指定帳票により申請できます)

そこで26億円の巨額の補助につき、市長は高浜市を護る為、どんな交渉努力をされているのか?『運営委員会の議事録』の情報公開を請求しました」(H27.12.10) 

市の回答は「非公開」(H27.12.22) → 市民に「議事録」を示されずやはり秘密です

血税26億円、数年後に、60億円に達するであろう民間病院への補助理由を、市民は知る権利も奪われ、秘密に提供です。更に、中公跡地も提供はありえない補助です。

(* 巨額≒新庁舎は28億円-20年リース。翼小建設費は16億円。豊田会へ約10年で60億円は無策の失政です!

---異議申立--------------☆---      *(* 回答に不服のため、再申請)

☆ 異議申立を実施 (H28.1.4)。以来、約1年3ケ月を要して「棄却」の結果でした。

★ 血税を何十億円補助しようが、市民に秘密で良しとする判断は「独裁」です。

これが高浜市政の 情報公開レベルの実態です!

 (*「思いやり!支え合い!手と手をつなぐ 大家族たかはま」って何ですか?!)  

---不可解な審議-----------☆---

この情報公開は中立な立場の「情報公開審査会」で審議されるのですが、怪しい判断 の連続でした。審査会の判断機能は、市側が有利に発揮されていることは残念です。

(* 更に、本件の審議は22回も重ねられましたが、その審議内容も秘密のようです)

不可解な事例

1. 異議申立後、諮問(受付)通知まで、約2か月を要しました。申請放置は怠慢です!

2. H28.1-「豊田会から『議事録は非公開』と文書を受けた」が 当方申請はH27.12月。

 なぜ、後日付の文書が優先されるのか前代未聞です。それも偽造のような文書で?

3.H28.11- 当方申請から約1年経過。「H21.5-運営委員会が終了後、病院から前副市長に口頭で『議事録は非公開』と要請を受けた」の説明。もう「何でもあり」の審議です。

審査会会長は市の顧問弁護士のようです。中立判定なんてありえない人選です! 

(* 豊田会に60億円の補助奉仕で止まらず、第三の協定が検討されているそうです!!)

高浜市は独裁的な市政運営がまかり通っているようです!

このままでは「たかはまあぶない!!」

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp