読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

市政のあり方 - 財政決算が不適切? (素朴な疑問)

☆お役所の仕事知識や財政知識も無く、なかなか難しいのが自治体の決算評価です。 

 そこで、他の自治体と比較検討した結果、以前、ご案内のように、高浜財政は、余りにもアンバランスな支出傾向であることが分かりました。

⇒ [過剰な支出の費目 :  議会費 ⊕ 総務費・民生費・衛生費・商工費 ]

★かつて、高浜は「福祉の街」として高いレベルの福祉制度であったと聞きますが、今では、他の自治体も追いついてきて、そんな大差の無い福祉制度だそうです。

 逆に、高浜は旧態然として、やや遅れている部類とか聞きます。

---福祉財政の疑問---------------☆---

★残ったのは「介護保険」の高額さ。県内で名古屋市に次いで二番目の高額とか?

 そして、福祉関係と思われる「民生費」が圧倒的な巨額を投資しています。しかし、市民は実感がないのではないでしょうか。

★「介護保険」は特別会計ですから、別枠の予算です。例えば、27年度の支出は、

⇒ [民生費-58億円] ⊕ [介護保険-25億円]⊕[後期高齢者医療-4億円]と[合計87億円]を福祉関係に支出です。つまり市税収入相当額をすべて福祉投入なのです。これは異常です!!

 市民の皆さんは、この恩恵を実感されているのでしょうか?

一度、市民に、全ての事業説明を頂き「聖域無き仕分け」が必要と思います。

---財政の犠牲-------------------☆--- 

この福祉偏重の結果、特に、財政過少は、[土木]⊕[教育]です。

⇒ 恐らく、納税市民は、こちらの充実を求めてみえる方が多いと思われます。ここにアンバランスの影響が出ています。市民ニーズと異なる分野に財政投入しているのです。

★納税者の大半を占めるであろう市民は、納税義務だけで、恩恵は別の用途に使われているのではないでしようか?

多くの納税市民は、市政への奉仕者になっている可能性が高いと想定されます?

市政運営に不適切さが予想される場合は、

  市民自ら関心を高く、監視を強めることが大切です!

まちづくり」や「教育」への配分強化が必要です!

 (* 今期は高小建設が加わり比率が高くなりますが、施策内容確認が必要と思います)

従来のような市にお任せでは、後世の市民や、市民自身あなたが犠牲となります。

---決算の概要--------------☆---

● [検索] 高浜市の財政決算 ⇒ 決算について 

        * 歳出「その他」が 数値を丸めているのは怪しいのです。不透明な報告です!

あなた ご自身の眼で、ご確認をお勧めします。

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp