読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

施設計画のあり方 - 学校拠点の施設計画

 ☆今月(5.1)号の広報に、特に学校拠点の施設計画の記事が掲載されています。

    市も施設説明を外部(大学)に委託せず、講座形式で定期的な説明会を提案要望します。何でも「丸投げ」が市の悪癖のような気がします。経費も余分にかかります。

☆市の「公共施設計画(学校)」を、市HPにて確認し、問題点を考えてみました。

---公共施設計画(学校)----------☆--- 

小学校  大規模改修  金額(億円)   建替え  金額(億円)  
 高 浜 - -  H29-H32   48.0  
  高  取  H31-H32  10.5  H46-H47   20.4  
  港  H37-H38    8.3  H55-H56   16.2  
  吉  浜  H33-H34  10.9  H50-H51   21.1  
  翼 (H14-)  H48-H49  17.8 - -    
中学  小計  47.5  小計  105.6    
  高浜中  H35-H36  16.3  H53-H54    34.1    
  南 中  H39-H40  12.9  H59-H60    25.0    
   小計  29.2      59.1    
    合計  76.7    164.7    

 (* 高浜は「福祉(民生費)」に毎年約60億円を支出。いかに巨額かお分かり戴けるかと思います。また、民間病院-高浜分院に補助26億円は、学校一校分の建設相当。数年後、60億円補助は二校分に相当!!

   * 米百票の施政精神から、遠く離れた高浜市政には、ただただ落胆しかありません…。高浜の財政歳出の「教育費率」は、碧海五市で一番低いのです<H27年度>  広報表紙の「こどもはまちの宝物」を実現頂きたい!) 

---施設計画の疑問-----☆---

1.縮充建設 

 - 高小に次ぐ縮充建設は「高取小」でH46年着工計画で、17年先の建設となります。が、高小を今、縮充建設しないと「市の財政はあぶない」の説明は本当でしょうか?

 中公を移転のため解体(10億円)。青少年ホームも高小プール建設のため急な解体。

 市役所も短期的に建替えは、勘ぐって考えれば、市長の任期に合わせた建設計画。

 結局、ハコモノ建設を市政実績にしたいがための緊急的な施設建設は"私物化"では?

⇒ この実績づくりのため市民の犠牲は余りにも大きく、貴重な施設財産も失いました。本当に、高小・縮充建設は財政効果があるのか、正確なご説明をお願いしたいのです。 

2.高浜最高額の施設建設 - 高小建設

 - 初めての縮充施設を最高額建設で試行推進は大冒険です。後戻り出来ない建設事業を推進強行の責任は重大です。任期終われば関係無いで済ませられる議員特権で済む話ではありません!

市役所の分割・リース建設もどのように建設責任を取られるおつもりでしょうか?

  そもそも「縮充方針」を主張されながら「分離建設」は矛盾の施設建設なのです! 

3.大規模改修後の短期建替えは浪費です

 - 各学校は大規模改修を実施し合計77億円。これを約15~17年後に建替え。これを計算すると「年間約5億円相当を廃棄です」。これは余りにも「もったいない」計画です。

こんな計画が許されるほど、高浜は財政的に裕福なのでしょうか? 

  (*確か、公共施設の大改修周期は「30年」に制定のはず。これを「15年」は乱暴です)

4. プール授業の温水化計画の全容説明を!

    - 論地町の青少年ホームを解体し、民間プール建設は「温水化」と説明されました。    

   高小や高取小・南中は、H32年から「温水プール」利用が出来るかもしれません。   

  しかし、他の学校の実施時期は不透明です。建設計画より、仮に、H50年代の「建替え時期」からとなれば、その期間差は「約20年」。余りにも不公平な「プール授業」にならないでしょうか?  出来れば「大改修時期」に全校「温水プール化」が平等な施設建設です!  (* まさか、ここだけ温水化?)  

市内全校の「プール温水化計画」を明確に立案頂き、情報公開を求めます!   

5.市債発行の償還計画の公開を!

 - 市債は、小・中学校の建設分だけで約60億円を発行(H30年代)とか?

⇒ 市債の償還計画も明示頂きたいと思います。後世の市民に託しますでは無責任です。

6.公共施設300億円事業の説明を求む!  

   - 市は「公共施設300億円事業」を打上げながら、市民説明無く、情報公開は「HP掲載だけ」で推進は説明責任を果たされているは言えません。責務を果たして戴きたい!

☆市民目線からの施設計画の疑問点を列記しました。

 また、広報等で施設計画のご回答を頂ければ幸いです。

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp