読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

施設計画のあり方 - 学校拠点の施設計画 Ⅱ

★学校拠点の施設計画のシンポジウムが、3月開催され広報(5.1号)に掲載されました。

 しかし、シンポジウム講師の方は、ご存知なのでしょうか?

⇒ 高浜小の施設計画は、保護者ですら「日程」しか聞かされていない事を…。

 説明会の時間は、わずか「30分」で「質疑禁止」であったことを…。

★具体的な建設仕様は説明無く「日程」だけ聞かされた説明会は虚しいものです。

これを町内会でやったら、町民を「馬鹿にするな」と退会続出の事態となります。

---そこが知りたい! -----☆---  広報の講演記録にある、複合化の一般論は誤解の主張!

市の閉鎖的、独善的な進め方に対し、講演内容は的外れの内容となりました。

・プロセスに積極的に参画して。

・セキュリティは地域の大人も参画して。

・プールは学校にあるのは当たり前ではない。

・避難拠点として利用する。

市民は参画出来ない実態なのです。今のままでは納税し、傍観だけしかありません。

市民は「複合化に反対」では無く「高浜小学校の複合計画の具体的内容(建設設計資料)」を見て、理解し納得したいだけです! これが出来ないのが高浜市政なのです。   

  (* 昨年秋に建設業者を選考決定したのに、未だに、日程計画だけ市民に公表。これでは理解不能です。* ご自宅の建設を考えてください。日程計画だけで契約出来ますか? ) 

---市の施設計画の説明態度---☆--- 

★市は、施設計画の説明を自ら行わず、大学講師陣に丸投げで済まそうという腹です。

★説明会当日は「質疑は禁止」とし「質問も、反対意見も聞かない」。

★説明会は保護者会(100名)に一回。市民には今回の講演会(100名)・1回だけです。

市民には計画公表しない。市民の声は聞かない。(* いちいち聞いてやってられない)

こんな市民無視の施設計画に賛同しろと言われても無理な注文ではないでしようか?

 (* 高浜市はコンパクトな街ですが、市民は約47千名。約0.5%に説明で十分ですか? 

  最近、市は別件アンケート調査中で対象2,500名。やはり、この人数が最低限では?)

 (* この説明会場にピッタリの市民ホール<604名>が有ったのですが、市は、民間病院の移転建設のため、 築36年の市民ホール施設を解体決定し閉館。解体工事を開始しています。もったいない失政です)

---そこが知りたい! 市民の声---☆---     より具体的、詳細な施設仕様が知りたいだけです

1.建設会社から提案された「建設計画」を公開してほしい。(税金利用の資料ですよね?)

2.普通建設と縮充(複合)建設と比較した「費用対効果」を説明してほしい。

3.児童の安全確保(交通・保安・施設)の方法・システムを説明してほしい。

4.プール移転による実際の運用構想を説明してほしい。

☆ たった、これだけのことを知りたいだけなのです。納得したいだけなのです。

☆ 説明に完璧さを求めてはいません。何度でも説明は聞きます。修正は問いません。

☆ 納得出来ない点は質問します。都度、疑問点を潰していけば良いと思います。 

市民への説明を一回で完璧に終えたい」という焦りが硬直を招いているような気がします。2,500名を超える市民に一括説明は難しいと思います。

★「市は、学校拠点の施設を複合化し、300億円事業を計画し建設開始予定です。

 この計画の説明会を開くこともなく、資料配布とHP掲載だけで済ませるようです」

説明責任も説明努力も果たされず、強引に推進は乱暴です! 

 (* 昨年実施された「高浜初の『住民投票』」は、このような背景があったのです) 

市民との対話を恐れず、焦らず、繰返しをいとわず、

 相互理解を深めて、施設計画を進めませんか?

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp