読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

説明責任 - 当初予算の広報も説明不足

★毎年、高浜市の予算は「広報たかはま」で市民に情報周知されています。

 29年度も、広報4.1号(p.8-9)の二頁にて案内されました。しかし、余りにも形式だけの情報展開に終わっているように思います。市民への説明責任の誠意は感じられません!

- 改めて、概要を確認したいと思います。  

---当初予算---------------------☆---

● 一般会計 140億2,700万円   (前年比2.6%減)

市税収入は増加したが、予算は減少の理由説明が必要と思います。確か、今期予算は一律、5%カットでは? 「財政緊縮」を市民に説明必要です。 大家族に隠し事は無しで!

---重点事業---------------------☆---  (*合計4億1千万円)

Ⅰ.みんなで考え、汗かく : ・委員報酬・コンビニ交付他 ⇒ 計2,988万円

Ⅱ.学び合い、力を合わせ:  ・児童クラブ業務委託・高小建設モニタリング⇒ 計2億2,492万円

Ⅲ.明日を生み出すエネルギ: ・防災倉庫・企業再投資促進補助 ⇒ 計1億4,145万円

Ⅳ.いつも笑顔でおだやかに: ・生活支援体制整備・生涯現役まちづくり⇒ 計1,545万円

事業使途の表現は、やさしいようで、まったく意味不明で自己満足だけです! さっぱり理解出来ません! 

また、市の重点事業は、予算140億円中、約4億円(3%)を重点注力されるということですが、余りにも少額のような気がします。これで1年終わりですか?  説明簡略しすぎでは!  

---碧南市と比較して-----☆---  

簡単な比較ですが、広報の予算説明資料のボリュームを比較してみました。 

碧南市の広報は予算説明に六頁を割いて解説されています。「高浜は、二頁」

広報の紙面量は、市の熱意、誠意、公明正大さです!  

   これだけで市民への説明意欲は一目瞭然です。

高浜は、市民は「予算の使途や金額を、知らない方が良い」とお考えの証です! 

  市民には「予算情報を知らせないほうが良い」とお考えのようです。 

★ 予算140億円の説明を二頁で済ますお気持ちは、市民を馬鹿にしていませんか?!

---市民を馬鹿にした予算管理の例---☆--- *アスベスト問題

新聞報道にあった「旧市庁舎」や「中公」のアスベスト解体費は、なぜ、説明無し?

 (*市は工事見積を誤り約五千万円もの追加予算を議決。これは大チョンボ! 謝罪無し?

* 本件、H27.7に、庁舎の説明会にて「アスベスト処理」につき、市民が事前調査を指摘! ⇒ *説明業者も「調査する」と回答し認識されたはず!

   *これをH29.1に工事仕様から漏れたと虚偽説明し追加予算を議決は論外!   癒着同然の予算管理です!   (*これが高浜の実態! 議会は素通り。機能不全です!)   

---血税管理の心構えと提案---☆--- 

★ 市民に秘密でなく、公明正大なる公金(血税)の適正運用をお願いします。

  公的執務において「都合の悪いことは隠す」という悪癖は改めるべきと思います。

血税の有効利用を、より高めるため、

  市民参画による「事業仕分け」を、

  より情報公開を図りながら、

  進める必要性を強く感じています!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp