読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

議会報告会 - 議会審議の甘さと アスベスト問題

★5月13日(土)、市役所・多目的ホールにて「議会報告会」が実施されました。

・目的は、市民に開かれた議会を目指して議会改革を進めてきた。その一環として、市議会の活動を知って戴くよう、報告会を年2回開催というものです。

★建前はご立派ですが、今日も「時間が無い」を理由に、市民の質問を打ち切りです。

・これでは、本当に「市民に議会を開こう」というお気持ちに誠意を感じません。()

・最後は「質問をメモに書いて提出してください。次回、ぴいぷるで回答します

つまり今日の議会報告の質問回答は「三カ月後」という、のんきな議会対応です!     

---旧庁舎の解体問題-----☆--- *議会報告会で分かったこと

★旧庁舎は、築40年。耐震工事を要し補強壁により職員の移動に支障があると、新庁舎を建てられました。この旧庁舎は、今、解体工事を開始の模様です。

   (*市役所の組織の一部は、いきいき広場に分断!  これは職員移動に支障無しは虚言)

● 旧庁舎の解体費 - 「1億1千万円」更に、今年1月、アスベスト問題が発覚し、この除去工事になんと、五割アップもの予算 [約5千万円] が追加議決されたのです。

議会は、行政説明を鵜呑みにして通過したのですが、調べると怪しいのです。

---アスベスト工事の疑問---☆---

見積社が一社。建物解体の受注会社に依頼。

⇒ 工事見積は通常、常識的には、数百万円を超える場合、二者以上の工事業者に見積依頼をするものです。民間企業では、数十万円単位の場合もあります。

● 今回は「5千万円超の工事を一社見積は規程違反ではないでしょうか?」

   このような違反は「コンプライアンス意識の欠落や血税感覚の希薄さです」      

  市の説明では「工事工程の調整」を理由に、議会納得のようですが、誤断です!

工事現場は、通常、複数会社の工事は当たり前です。これを安全に調整がプロでは?

---アスベスト発見のウソ---☆---

旧庁舎のアスベスト発見を28年11月、業者が市に報告! と議会報告されたようです。

⇒しかし「アスベスト」は、一年以上前に市民が指摘し、業者も認識していたのです

 この記録が「高浜市役所本庁舎整備事業 住民説明会での質問及び回答」にあります。

 [検索] : http://www.city.takahama.lg.jp/grpbetu/gyosei/shigoto/shisetu/20150731Q&A.pdf

  (* 平成27年7月31日 資料P.5 中段・同席 - 市長・大和リース)

---市民の指摘------------☆---

・質問・電波障害や、この建物を解体の場合のアスベスト等の問題について事前調査

・回答・解体の時のアスベストについては解体時に事前調査をします

これで、28年11月に、初めて判明は「ありえない」説明ではないでしょうか?

---正当な見積であれば---☆--- 

アスベスト除去工事の追加見積につき、その責任区分は、業者にもあると思います。

現在、見積漏れの責任を全額市が負担は不適切です。また、一社見積も不適切です

 穿った見方をすれば、受注前提の見積のため、金額操作の自由度は極めて高くなり、

 結果「除去費-5千万円」は相当、操作されている可能性があると考えられます。

 行政は見積精査と説明ですが、粉飾はどれだけでも出来るのが工事見積です! 

 これを防止する方法が「相見積・入札制度」で、これを回避は仕組まれた見積です!

これでも、市政クラブ主導の市議会は素通りです!

  今回の議会報告会で、議会審議の甘さを理解出来ました!

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp