読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える市民団体 

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

議会報告会 - 公共施設(高小~高取)の疑問 Ⅱ

★ 「公共施設のあり方検討特別委員会」の報告のつづきです。特に高浜小について。

高浜小の縮充建設は「まちづくり」の視点から青木町に一局集中はいかがなものか?

---高小・縮充計画-------☆---

市初めての縮充建設につき財源削減効果の説明も無く、いきなり「50億円」は無謀?

   そして「中央公民館」や「体育センター」も、青木町だけに、施設集約は不適切です!

高浜市の地理的中心は「湯山町-中央公民館」です。この地を中心に展開すべきでは?

    (*市の計画は、この跡地を「民間分院」に移譲です! 民間にここまで譲歩は過剰です!

      市民感覚では「まちづくりの放棄」に写ります!  市政の先見性が疑われます?)    

---「まちづくり」は青木町?---☆---

市は「高浜の財源削減をしないと市財政は崩壊する」

● 対策として「施設の縮充」を図るとされ、高浜小学校に施設集約すると説明。

当初、13施設-37億円建設を、説明も無く[10施設-50億円]を推進は暴政です!

●「中央公民館は高小の体育館に機能移転」⇒ 高浜だけ「ホール」の無い街に。

●「体育センターも移転」⇒ 高小だけ「体育館を二棟も建設」の予定です。

結果、介護福祉施設(憩の家・宅老所)市の主要施設も「青木町だけに集中」!

⇒「まちの施設」を「青木町」だけに集中は問題です。これでは市民生活が犠牲です。

 適切、公正な「まちづくり」なのか、市民感覚では理解を超越しています! 異常です! 

---縮充建設計画----------☆---

次の学校建替えは「H45年-高取小学校」まで、16年間も縮充建設は無いのです!

このような無計画な計画は「まちづくり」としては不適切な計画と思います。

---高取小学校区の整備---☆--- *高浜市公共施設推進プラン(H29年度)から引用  [検索] :  ↓ 

http://www.city.takahama.lg.jp/grpbetu/gyosei/shigoto/shisetu/sogokanri/29suisinpuran/29kokyopuran.pdf

f:id:t2521:20170520120301j:plain

学校 大規模改修  [H29-基本計画, H30-実施計画, H31-大規模改修, ⊕農業センタ解体]

大規模改修費 - 1,052百万円。次の建替えまで13年。つまり毎年81百万を廃棄では?  

高取小学校・建替え [H46-H47] ⇒ 予算 [2,042百万円]

複合化検討- 解体  [H47] ⇒ [公民館・憩の家・楽習館・みどり学園・悠遊たかとり]

高取公民館はH8年竣工。また、築39年の短期解体は血税の浪費計画です! 

「血税をハコモノ建設だけに浪費より「教育」や「インフラ整備」に注力すべきです!」  

---公共施設計画 (意見) ---☆---

この計画が市民に公表された方法は、昨年の市民説明会にて「資料配布」だけ

 そして最近は、市HPに掲載だけという、市は直接説明されず「見せただけ」で説明責任を果たしたとされる態度は横暴とすら感じます。

この計画につき、市民の声を直接ご確認される、気持ちも、覚悟も無く、建設強行される姿は、公僕としての本位を失念された嘆かわしいものであり、残念です。

♥ 最大の被害者は「後世の市民」であり、傍観は許されないと思う毎日でもあります。

〒444-1335 愛知県高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 代表 牧 信儀    電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp