t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜小 - プール 移転問題 

☆青少年ホーム(論地)の使用期限は、8月末日までです。高小のプール建設地として短期解体されるのです。

市は「高小のプールは廃止!」「民間委託すれば、年200万円で済む」と説明でした。

うわさでは、やはり「年200万円」では済まないようです?! やはり「またか」です。

---高小・代替プール計画---☆---    *議会の質疑応答の概要情報

6月の議会において、市政クラブ議員さんが「高小の民営プール」について「委託費」を質問されたようです。

● 冒頭のように、市の説明は、民間委託すれば「年200万円」で済む。市で運営するより安い。と市民を説得されたはずでした。

⇒ 今回、行政は「年間800万円』の委託料が妥当」と回答されたそうです!  

これでは初期の説明と大幅な乖離であり、かつ、随分、高額な「水泳授業」になると思いますが、本当に財源節約なのでしょうか?

---水泳授業の委託800万円---☆---

● 費用内訳は「210万円」- 水泳授業委託・プール維持費 (*水道、消毒薬剤・電気料金等々)

 残り「590万円」- プール施設の建設費として、補助額を換算金額のようです。

⇒ 行政の説明は「隣市の市営プール建設費を按分すると年間590万円となる。」

つまり「プール施設建設も市が補助する」ようです。初耳! 聞いてないよ! です。

---プール施設の建替え---☆---

☆施設説明では「高小・プールは廃止する。論地町に民間委託のプールを建設」の説明は「市営プールを論地町に作る」という説明では無かったはず? と疑問が残ります?

また市の説明に、してやられたのかもしれません!

 全く、高浜分院や高小・複合建設と同じ仕掛けです!  (*「説明は37億円。実態は50億円!」) 

この「市営プール条件」であれば、民間委託先は、学校の水泳授業以外に水泳教室を運営は「制限されるべき」、あるいは「対価」を支払うべきと思います。

●「授業料も施設建設費も市が補助負担し、民間委託先が任意に「水泳教室を別途運営」では過剰な優遇策ではないでしょうか?」やはり、高小プール廃止は浪費です。

---不公平な水泳授業----------☆---

この巨額の水泳授業を受ける高小児童は、まだ恵まれています。

 高小以外の児童生徒の水泳授業は、いつ、屋内・温水・インストラクタ付の水泳授業となるのでしょうか?

● 施設計画を見る限り、10年以上先となるようですが、この不公平な施策は納税者さん、市民に納得されるのでしょうか? 

---公共施設あり方計画--------☆--- 

■ H26年、高浜市公共施設あり方検討委員会からの提言を踏襲し、高浜市として施設方針を取りまとめ「高浜市公共施設あり方計画」を策定されました。 (P49)

⇒ 原則 新たな公共施設はつくらないと宣言されたはずです。

 にも拘わらず「プール建設の補助計画」は、この宣言方針を自ら逸脱では高浜を危機に陥れるご判断ではないかと危惧します。

原則を守れないような市政運営で施設建設は不安です!

〒444-1335 高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp 代表 牧 信儀