t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

施設更新 - 短期の建替えは矛盾!

★矛盾の説明は、いつか、ほころび、やがて真実を生み出します。

---施設計画のあるべき姿---☆---

・各自治体では、余りにも多数の公共施設を建設設置されました。(高浜市-114施設)

・政府は「施設を作り過ぎ」「現状継続は財政破たん」と各自治体に警告を発し「公共施設管理計画」の策定を提案され、多くの自治体が昨年度作成されました。(H28年)

---公共施設管理計画----------☆---

・市民目線で、注目は、「公共施設の建替え周期の長期化」です。

⇒ 多くの自治体が、従来の「60年」を「80年」へと長期延長されています。

 これにより「数十億~数百億円」もの財源削減効果が得られるそうです。

 (碧海五市 -「80年/90年」と延長。高浜市だけ、まだ「70年」と短期更新の目標?)

⇒・築40年~50年の短期解体が、いかに財源のムダ遣いかを証明されています。

   ・ある自治体が主張された「早く壊したほうが安い」は矛盾と証明されたのです。 

---施設更新の理由--------------☆--- 

・公民館にせよ、市役所にせよ、解体理由の説明内容に共通点がありました。

「空調設備、配管設備等が老朽化している。だから施設更新が必要」の説明です。

「建築構造物」でなく「設備更新」の必要性を説いて、施設更新は論外なのでは?

 この設備の老朽化が更新理由なら、施設更新周期の長期化はありえないのです。

 しかし、実態は、この ありえない理由により「公民館」も、「市役所」も、解体されてしまいました。市政が、血税の浪費を推進しているのです。ありえない事態です。

---更なる不可解-----------☆---

市庁舎の要求水準「20年」??  短期施設は浪費では!?  

・あれほど「施設の更新の長期化」に、政府も、各自治体も、高浜市も「70年」と自ら目標設定されているのに、なぜか「庁舎20年の建設計画」は不可解でしかありません。

⇒「20年-30億円リース建設」は、いかに血税の浪費建設か!  自ら規則破りの決断は理解できません!

次は、高小・複合「50億円」です。「複合施設」と言われますが、よくよく、見ると施設を、寄せ集めただけの「集合施設」なのです。 建設費が巨額となっただけでは?

複合化効果を説明されないのは「効果が無いのかもしれません?」

・例えば、埼玉の複合小学校は、建物は一体で建設され、階層で分離されています。高浜は、各施設が棟ごとに別々に建設され、これでは建設費は変わりません!  

・更に、この施設の設備群は、果たして、30年、40年毎の大改修計画に、効率的な工事を実現のために、どのような工夫対応がなされているのか? 

⇒ これも市民に説明されず、強行推進はいかがなものでしょうか? 

  市民は、不安におちいり、血税負担だけでは不信感が高まります!

---説明責任を------------☆---     「*市政に、施設計画に、矛盾を感じています!」

☆市政は、市民と対話や、市政の進め方に説明責任を果たされることが大切と思います!

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸