t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜小 - 「複合建設」 に あらず ?

高齢化社会の進展が注目され、次は、人口や税収が縮小する時代と言われ、地方自治や住民生活が、より充実のためには新たなる仕組みづくりが必要と叫ばれています。

● これからの時代は「縮小」から「縮充」へと転換提案を受けたのは、一昨年秋の、公共施設説明会の講演であったと思います。

⇒ 今後の公共施設は「縮充」や「複合」と説明され、政府方針のPRのようでした。

(*「縮充」: 規模は小さく機能は充実。「複合」: 複数の要素が集まり一つのものを形成)

● しかし、確か、講師は「縮充・複合施設の建設は小規模施設から着手し効果を検証」と慎重な提案に対し、高浜市は、最大規模の施設建設を、いきなり開始の大冒険です。

---高小の縮充・複合建設---☆--- *この大規模施設建設の第一弾が「高浜小学校」の建替え。

* 先月?、議会で配布された高小の平面図をご案内します。市民配布はまだありません。

★市は、昨年度1月頃か、建設会社との請負契約前のため、資料発表は、特許権知的財産権の保護上、情報公開出来ないとして、未だに、市民に非公開は、血税で作成された資料情報を秘匿同然の行為であり、開かれた市政とはいえません!

★また、どの部位が知的財産権を有する配置・構造なのかを開示頂きたいとも思います。

高小 - 建設計画は 問題あり!

●  下記の「高小・複合「50億円建設」の配置図」をご確認ください。

f:id:t2521:20170715132445j:plain *校舎と体育館をバラバラに建設!

● 最大の問題は、基本設計方針を「縮充・複合建設」としながら、実態は、施設を寄せ集めただけの「集合施設」です。これでは、単独建設と同じです!

小学校の教室棟と、公民館、体育館(アリーナ)、児童センターは、個別建設!

 これでは「財政削減効果が無い、浪費建設 - 50億円」です!  

⇒ これを市民に説明出来ないために「強引建設」を推進は不適切です!   

 市民説明会を開催拒否の理由は、財源削減効果が説明出来ないためかもしれません! 

---縮充建設の小学校 (埼玉)---☆--- *この学校は、市会議院さんの視察先! 埼玉県・吉川市・美南小!

これが「縮充・複合建設」のお手本です!   建設費は、高小の半額以下-「23億円!!」

f:id:t2521:20170715134351j:plain * 校舎、体育館、公民館を一体建設!

施設機能が、建物内に、全て一体的に設計・建設されています。プールは屋上に設置!

    [ 機能 : 小学校 - 530名・公民館・高齢者ディサービス・子育て支援センター学童保育室 ] 

これが縮充建設を実現された小学校です!   23億円建設! 

---視察議員さんへ ---☆---

★ご視察は、どんな目的、効果があったのでしょうか?  

どのように「高浜小学校」に反映されたのでしようか?

   その成果は、図面から伺い知ることは出来ません! 

〒444-1335 高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp 代表 牧 信儀