t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

高浜小 - 「複合建設」 に あらず ? Ⅱ

☆くどいようですが、大切なポイントですので復習確認してみます。

---市の公共施設説明---------☆---

☆今後、市の公共施設計画は、施設の老朽化に際し「個別建設」では財源破たんする。この解決策として「縮充・複合建設」を推進することが「自治体の財政健全化」への最重要施策と説明でした。

⇒その財政効果は、高小では「13施設を単独建設は49億円も要し、財政破たん」する。これを「縮充・複合建設すれば37億円!」で済む! 

縮充・複合建設が今後の公共施設計画のあり方だ。

という説明を受け、市民は納得もしたはずです。ところが…、

⇒ 現在、高小・建替え計画は「10施設 - 50億円!」で推進中!   (プール除外<別途>)

---高浜小の建設計画----------☆---

★「単独建設49億円は財政破たん!」「縮充建設50億円は財政削減?」の理由は説明されず、高小の建設計画を推進されることは、適切な市政なのでしようか?  

f:id:t2521:20161122105838j:plain * 高小の建設方式は個別建設!!

---高小は単独建設! -----☆---

☆前号の図面からも、高小建設計画は、少なくとも、公民館・児童センター・体育館 は「単独建設」であることは明らかです。

⇒よって、高小建設は「財源削減効果の無い建設を推進」と言えます!

★更に、当初の比較値として出された全単独建設49億円を超えて「50億円建設」は、財政破綻の引き金にならないのでしようか?  説明も保証もありません!

 (*初回の市民説明の内容と矛盾を感じます。これを説明無しで建設強行は乱暴では?)

---財政破綻は市民の課題---☆---

☆高小・50億円建設は、高小保護者だけに説明で済む問題でしようか?

● 高小・50億円が、市財政への影響説明は、高小保護者だけでよいのでしようか?

⇒ 高小・50億円建設は、市内最高額の施設となります。この説明対象を「高小・保護者限定」説明だけでは、説明責任を果たしたとは言えません!

---市の説明の矛盾------------☆---

●「公共施設は、縮充・複合建設」と言われながら、高小は「単独建設を継続採用」?

●「財源削減」を叫ばれながら「高小-50億円」は「最高額の施設建設」では?

●「財源削減効果」も説明無いのに、議会承認された行為は無責任では?

高小50億円建設は「異常な建設を推進」と断言します!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸