t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

防災を考える - 市の体制は大丈夫?

地震も怖いが、最近、局地的な集中豪雨が国内全般に深刻な被害が発生しています。特に、九州地区の甚大な被災に対し、お見舞いと共に一刻も早い復興を祈るばかりです。

● その被災状況を見るにつけ、現状の高浜の実態を思うと不安が募ります…。

---高浜の防災体制の不安---☆---

★1.異変発生時は、市は防災情報を市民に告知すべく様々な媒体を整備されています。最近、市が斡旋している「防災ラジオ」の受信状況が悪化し聞けない地域があることを、市民の皆さんはどれほどご存知でしようか?

● 避難先で「防災ラジオ」を聞かれ「何も無いから安心では危険なのです

● 旧庁舎が壁となり、庁舎から東側の地域に電波が届きにくくなっています。あと5ケ月間、何も無い事を祈るばかりです。

 

★2.水門の管理責任と開閉判断は、どのように規程されているのか? 

● 住民の安全のため、即閉門を望みたいのですが、道路移動の車両は避難路の確保が必要。この矛盾を判断し処置行動はどのようになっているのか?

⇒ 市民に配布された防災マップには記載なく、心配な点です。

 

★3.被災時の復旧活動に「ボランティア」は大きな力です。この采配は大丈夫か?

● 時々、マスコミも取り上げる問題として、現地の受援体制が未整備のことです。

・「社会福祉協議会」が、振り分け作業をするそうですが「支援を必要とする人の情報の集め方」や「市民が市に支援申請の方法」は、周知されているのでしょうか?

・「社会福祉協議会」内部の役割分担や地区担当は、決められているのでしょうか?

⇒ 防災マップへの反映掲載をご検討お願いします。

 

★4.「非常時の指揮命令系統」は、市役所中心で良いのか? 

● 災害・非常時のことを常に考えてみえる方は「消防隊」かと思います。日常的にも、訓練をされています。市民の命を守る判断を的確に発することに長けた「危機管理官」として「消防隊」は、どのように位置付けされているのでしょうか? 

また、どのような権限を与えられているのでしようか?

 

---市民への防災情報の充実を---☆---

市民に、防災情報として「防災マップ」は非常に有効な媒体と思います。

更に、掲載情報を充実頂き、防犯も含め「市民の安心・安全」を高めて頂きたいと思います。これにより「市民に共助」が生まれると思います。

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸