t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

高小プール - 民間委託計画

★高小の建替えは、様々な施設を「集合建設」のため、弊害の発生も予想されます。

● 高浜小学校の敷地内に、公民館用の駐車場(200台)を確保のため、学校プールを解体し、ここに駐車場を作ろうとされています。

⇒ 児童のための教育施設を「駐車場」のため解体は子供が犠牲とも考えられます?

 集合建設により、校内の児童の行動範囲も制約されたような気がします。運動場は狭くなり、校庭の遊具施設も「すし詰め状態」。児童の教育環境は悪化では?

のびのびとした自由な学校生活を ご提供のご配慮をお願いします!

 少なくとも現在の案では、児童は犠牲となり、財源削減の効果が無い事は明白です! 

---建設事業の質疑応答-----☆---        (*青少年ホーム跡地活用事業の質疑応答)

● 建設業者さんの質疑応答内容が発表されました。 [検索]  :  勤労青少年ホーム跡地活用事業

---学校プールの建設予定---☆---  (*詳細は市に確認が必要です)

★プールの移転先として、論地町にある「青少年ホーム (築40年・避難所)」を短期解体し、ここに、プールを建設 (約1.5億円)して、運営を民間委託する構想のようです。

⇒ 結局、財源削減と言われますが、プール施設の建設に新たな財源の負担増。正確な確認が必要ですが、年600万円相当を20年~30年を民間会社に提供のようです。

● 土地は市有地のままとし、借地条件は、分院と同じ「無償提供」かもしれません。

---学校の水泳授業時期---☆---     

★各学校の「水泳授業の開始時期」が発表されましたので、ご案内します。 

   施 設     所 在 地  道のり (km)  プール利用開始
 青少年ホーム (プール)  論地町5-6-4           0     H 31年
 高 浜 小学校  青木町6-1-15        1.2     H 31年
 高 取 小学校  本郷町6-6-1        1.7     H 35年
  港  小学校  碧海町4-1-7        1.4     H 37年

● 他の小学校は、現プールが老朽化まで使用とは、余りにも不公平な教育条件では?

● なぜ、開始時期に数年以上の長期間を要するのか、ご説明頂きたいものです。

● 一番心配なことは、前号でも記載のように、移動の時間安全保安です。

● 児童は、各学年毎に一斉水泳授業とか聞きました。

⇒ 本当に「一斉移動」を、各学校、各学年毎、安心・安全に実現できるのでしようか?

    当然ですが、学校増加ごとに、水泳教習費も移動費も増額するでしよう?

★これらの運営構想の説明無く、建設計画だけが先行のため、不安は尽きません。

 納得できる運営構想の ご説明をお願いしたい!

★更に、各学校のプールは「防災用水機能」もあります。

 様々な被災地情報では「プール用水」で、トイレや施設清掃等、避難生活に役立ったと言われています。

 万が一、大災害が発生時、数週間、数か月の避難生活で、プールが無い「防火用水」だけで賄えるのでしょうか?  そんな説明も保護者だけ説明では納得出来ません!

 「安心したいため、市民にも、情報公開、説明責任を果たして戴きたいのです!」

● その他の情報では「テニスコート」の費用負担も増える可能性があるとか? 

本当に、財源削減効果はあるのか?  血税の浪費だけか?

   市の説明は ありません!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸