t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

高浜の施設管理は不可解!?

☆今月初めにも掲載しましたが、まだ、納得出来ません!  不可解な施設管理です!

★市は、公共施設の解体・建替えを積極化されていますが、計画通りなのでしょうか? 

---"一番新しい施設を解体"---☆---

この資料は「公共施設のあり方計画(H26年版)」(P.71)です。不可解な点は、リストで、一番、新しい施設を解体決行し、学校群の建替えを後回しにされていることです。

f:id:t2521:20170812090413j:plain

★「中央公民館(1980年)」を最初に取壊し! また、旧庁舎同様「解体費 5千万円追加!」  

学校建替えは後回し。優先順位は「分院」や「商工会」が第一なのでしようか?

● 更に、この施設(中公)の解体工事は、工事前から「地下水」の存在が分かっていたのに、また工事着工後「地下水位が高く排水工事が必要と、また、5千万円を追加!」

● それも「現解体業者の単独見積」と異例な工事推進は不適切と思います。 

  (*適正な発注方法として、自治法では「単価 130万円以上」の工事は「競争見積」を指導規程されています)

---施設管理方針は「長寿命化 (70年)」---☆---

● 市は「庁舎-築40年」「中公-築36年」「勤労青少年ホーム-築37年」を解体推進中!!  

解体を盛んに推進されていますが、常識で考えても「短期解体は『もったいない!』」

★不可解は「公共施設総合管理計画(H28年3月)」に「施設寿命は『70年」(P75)と目標設定されながら、実態は、築40年程度の公共施設を次々と解体されていることです。

それも、必ず、着工後、単独見積で5千万円の追加工事です。不適切な工事推進です!

資料では、『解体時期70年化』により、約46億円の財政効果を訴求されています!

f:id:t2521:20170811160234j:plain

★この施設長寿命化「70年」を、なぜ、遵守されないのか?  

★ 議会は、なぜ、「指摘」されないのか?

何故、財政の浪費を黙認され、解体に賛同されるのか? 

施設の「長寿命化」が公共施設の根本です!

★更なる不可解は、この施設寿命? なぜ、刈谷・碧南・知立は「80年」、安城「90年」

高浜は「70年」と短期なのが不可解です。財政浪費のご判断ではないでしようか?

☆碧海五市のなか、財政豊かな街が、施設寿命の「超長期化方針を推進」。

★財政も苦しい「コンパクトシティ高浜」が、まだ、施設寿命を「短命化方針! 」

⇒ これは「無謬性 (むびゅうせい) 」に欠けた施政であることは歴然です!

 この判断基準の施政は、市民や後世の市民が犠牲です!

 これを是正できるのは、市民しかないのかもしれません!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸