t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

公共施設計画 - 建設費条件無し!

・しばらく休憩と思いきやパソコンも体調不良を起こしていました。さて…、

☆08-17ブログに、高浜小の建設計画につき記載しましたが、再度、復習してみたいと思います。ご理解頂きたいのです。後世の市民のために!

---高浜小の建設費高騰の理由---☆---

・当時は、高小建設費の高騰に驚くだけでしたが、昨日の読者さん情報で原因判明!

★「要求水準書」に建設計画予算を明示されず、業者さんを募集の結果、応募業者さんは「1社」。市の財政破たん限界に近い高額提示をされたようです。なぜ、提示出来たのか疑問に感ずる点でもあります。

⇒ 市は、審議の結果「財政破たん相当額で'承認'」となった模様です! 不可解です?!

---市議会の動向----------------☆--- *新聞報道によりますと…、 

今後の施設計画につき市は、22年度末を目途に決める考え」。

★ある市議会議員は『もっと急ぐべきだ』『新校舎が出来上がってからではなく、今から調整していくべきだ』と推進強行の発言をされているそうです。 

理由は不明です!  それほど高浜にメリットがあるのでしようか、説明はありません?

---高小建替え計画の経緯---☆---       (*ご参考 : 翼小・建設費(校舎)-16億円)

1.市の当初計画の説明 ⇒ 単独建設でなく「縮充(複合)建設」が「財源削減」と説明! 

 施設名  施設数    単独建設    複合建設      市の説明

高小・児童センタ 公民館・工房

憩の家・幼稚園

図書館 他

 13 施設

   4,944

   (百万円)

   3,730

   (百万円)

・単独建設-49億円

市財政破たん

・複合効果-▲12億円削減

財源健全化

 ⇒ これで高浜小の保護者も納得、賛同されたようです。が…、

2.現在の計画 ⇒ 単独建設より、はるかに高額の「集合建設方式」で推進! 

  施設名  施設数  単独建設  集合建設   現在の計画

・高小児童会館

・公民館・工房 ・憩の家 他

 *10施設

 3,910

  (百万円)

 5,000

  (百万円)

・集合建設- 11億円増

⇒・市の説明無し

 ( *「幼稚園・いちごプラザ・図書館「約10億円相当」を建設施設から除外。)  

高小-建設費を比例換算すれば「30億円」が建設費のはず? なぜ20億円も増額か!?

⇒ つまり「財源削減効果」が全く無い「集合建設」で建替え計画を推進中!! 

 市は高小保護者限定で説明。一般市民への説明無し!? 

---財源削減効果の疑問---☆---

「単独建設」より、更に、巨額「10億円」も増額の「集合建設」は不適切では?

⇒ つまり、本来の目的効果を忘れ「建設ありき!」で推進は「不可解な、誤断の市政」です!  

 ⇒  財源削減効果が無い、集合建設を、市民に説明も無く、

急がれる施政は乱暴ではないでしようか!?

★「要求水準書」に建設予算を記載無しは異常事態です!   

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail -- 文責 矢野義幸