t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

まちづくりを考える - 市会議員数

ずいぶん朝夕涼しくなりました。ぶらぶら散歩もずいぶん楽になりました。

この散歩途中に休憩しご近所さんと雑談で、先方から「議会」に話題を振られました。

---ご近所の質問---------☆---

・議員さんも「何をやってるのか、さっぱり分からん?」

・高い給料もらって、給料分だけ働いとるのか、よう分からん?

・議会でも、賛否とる時に「立つだけ」では話にならんわ!     

更に、「議員さんの数が多いのでは?」と、質問を受け調べてみました。

議員数  高浜  碧南  知立  刈谷  安城
人口(千人)  47  71  72  149  185
歳出合計  143億円  290  221  535  619
議員数(名)  16  22  20  28  28
市民/議員  2,938  3,227  3,600  5,321  6,607

感覚って恐ろしいものです。高浜は、市民3千人未満で議員さん - 1名!と確かに多い。

・ では、高浜は、市民と密着、密接な市政が行われているのでしようか? 

⇒「住民投票」を引き起こした事態が、市民と乖離した市政運営の結果です。 

●「*徹底的に説明する」宣言も、半年経過しましたが、聞いた事も見た事もありません! 

    (*市会議員の主流派「市政クラブ」の機関紙にて年初に宣言掲載された言葉)

⇒ もっと! もっと!  市民と密接な関係を構築されても良いはずですが…。  

     (*地元町内会との交流機会や情報発信の頻度をもっと上げるへきでは?)

---議員数は過剰!------------☆---

 ・単純計算すれば「碧南並-14名」、「知立並-13名」。「刈谷並-「9名!」。

 自ら減員に賛成はされないと思いますが、そろそろ「ご決断」も重要な時期では?!

 市会議員数は、更に「減員」が適正・適切と思われます!!

 議会改革に「少数精鋭」を目指すべきかと思います!

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸