t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

高浜中学 - 演奏会は「碧南市芸術文化ホール」!!

☆正直に言うと「市の神経」を疑いたくなります。

● 毎年、中央公民館・市民ホールにて、「高中・吹奏楽部・定期演奏会」は行われていたと思います。

市は、このホール施設を市民や幼稚園・小・中・高校生から奪ったにもかかわらず、平然と、「高浜市フェイスブック」に堂々と今年度の行事案内を掲示しています。

 ⇒ https://www.facebook.com/%E9%AB%98%E6%B5%9C%E5%B8%82%E5%BD%B9%E6%89%80-1482067345380209/

★なんと厚顔無恥な対応かと憤りを感じます!!

   あるいは、罪滅ぼしのおつもりなのでしょうか? 

  会場は「体育館」でなく「碧南市芸術文化ホール

中学生が、この施設を選択された理由を 推し量って戴きたいのです。

 「体育館」でなく、わざわざ、隣市まで移動してまで「ホール発表」を希求の実態を! 

● 特に、コンクール等の練習確認は「体育館」では「ダメ」だそうです。

「ホール」の残響や、音の反射・拡散、反響等の微妙な確認が必要だそうです?

 ホール解体は「音楽教育施設も奪う ご判断だったようで残念です」

● 恐ろしいのは「新高小体育館」が完成すれば、市は「新高小体育館」で演奏会の実施を強要するような気がします。そんな生徒犠牲の施政でないことを祈るばかりです!

  (*自らの施政を正当化のため「音楽会開催」し、児童・生徒を道具とされないか 保護的な監視が必要です)

⇒「市民ホール解体」は 児童・生徒が犠牲の施政です!!

   (*市民ホールは年間約2.2万人の方々が利用されていました。代替施設探しは利用者任せは無責任です!)

---「高中・演奏会」---------☆---   (*高浜市FBより転載) 

*当日、市では他の行事もありますが、ご参観願います!

【第38回 高浜中学校吹奏楽定期演奏会のご案内】
■  日時:2017年10月28日(土)
★開演    14:00   ★開場 13:30
■  場所:碧南市芸術文化ホール(エメラルドホール)
♪♪曲目♪♪〜〜♪〜〜♪〜〜♪〜〜...
「歌劇『トゥーランドット』より」
パイレーツ・オブ・カリビアン
「『君の名は』コレクション」ほか
〜〜♪〜〜♪〜〜♪〜〜♪〜〜♪~~

☆先日の記事に「高中・吹奏楽部出身」のパーカッション演奏者が世界で活躍されているニュースが掲載されていました。

この音楽環境の整備も、市の役割だと思います。自ら「ホール解体決定」は誤断では?

(*中央公民館- 築36年、資産価格7億円+解体費3.5億円⇒民間病院に土地提供で「解体」)

果たして「体育館」から世界に羽ばたく音楽家が生まれると良いのですが…。 
〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸