t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

新市役所 - 庁舎建替えの不可解

☆今にして遅いのですが、新庁舎の建設は不可解そのものです。振り返ってみます!

---新庁舎の建設----------☆---

    当初、市の説明は「リース方式」は支払いの均等化が出来る。そして「リース建設-20年」は、市が整備より「建設費を10%削減」を唱え、建替えを推進されています。

f:id:t2521:20161123202058j:plain

---建替えの理由----------☆---

★建替え理由として、下記の二点を上げ、建替えが適正とされています。

1.耐震性能 - 旧庁舎は耐震強度が不足。大地震が発生時、防災拠点として機能しない

2.劣化状況 - 旧庁舎は竣工後38年が経過。老朽化に対する大規模な改修工事が必要

---理由の不可解な点----☆--- 

1.リース建設が財政を10%削減できる理由は、耐震強度を低く建設出来るからでは?

⇒公共施設、特に「災害対策指揮」を発する施設は最強の耐震性能を要求されますが、リース建設は「民間施設」とみなされ、強度ランクを下げることが出来るようです。

● しかし、実態は「公共-災害指揮施設」であり、市自ら、施設規定をすり抜ける施設建設を推進はいかがなものでしょうか?  これでは適正さや安全さを疑いたくなります。

2.市は「40年も利用し大規模改修が必要だから建替える」は「財政の浪費」では?

⇒ 公共施設の建替え寿命を「70年」と長期化により「財政削減」できると、市自ら施設管理計画を定められたはずなのに、旧庁舎等40年での短期解体の連続は浪費では?

少なくとも、まだ利用できる施設を解体は「もったいない」施設管理です。

3.市は、新庁舎 -リース20年後の措置として、先日「70年」を打ち出されたそうです。

⇒ 議員さん情報では、今まで「リース建設のため施設寿命-34年」の説明だったとか?

   しかし、疑問は「更なるリース延長」であれば「財政浪費」です! 

   そして、建設強度や躯体責任はどうなるのか? また、補強等の工事追加なら浪費では?

4.市は、旧庁舎を耐震化しない理由に「執務スペースが分断」を挙げられてました。

⇒ 結果は「いきいき広場」に「組織異動」を進め、組織を二分割は、また矛盾です!

 言葉巧みに「ワンストップ」と言われますが、実態は「組織分断!」は非効率です!

 市民にも長期にわたり、不便さを強要は、適正さを欠かれた施設施策と思います。

5.旧庁舎の耐震改造は「工事が長期化します」と説明されてました。

⇒ 結果は「アスベスト工事」を追加され、施設竣工時期は、先が見えない長期化に!!

新庁舎-リース建設・20年-30億円の着工は「H27年11月」。もうすぐ二カ年です! 

 (10/16確認 - 会議室・売店棟の竣工予定は 30年9月。約三か年の工事は「長期工事」であり矛盾の建設です!)

⇒ 旧庁舎を耐震改造されれば、30年-10億円程度で、組織一体化であったろうに…。   

誠に もったいない施設建設は残念でなりません! 

恐ろしいのは、この発想で新高小-50億円事業の推進です!

本当に「財政削減効果」はあるのか? 

なぜ、説明責任を果たされないのか?

不可解な施設建設は、まだまだ続きます! 

このままでは、後世の市民が犠牲となるのは明らかです!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail -- 文責 矢野義幸